"/>

CBDリキッドの吸いすぎは危険?

更新日:

CBDリキッドを吸いすぎると?安心してください

結論から言えば、CBDリキッドの吸いすぎによる副作用や健康被害は心配しなくて良いです。

その根拠は公式的に発表されているある研究で、曰く「1日に最大1.280mgを4週間服用しても、悪影響はなかった」と報告されています。

基本的に1瓶につき500mgほどであるため、2瓶以上使っても問題ないというわけです。

とはいえ実際のところ、研究報告で用いられた量は日常においてありえない量と言えます。

この量を吸い続ければ喉に負担がかかり、自ずと止めてしまうからです。

つまるところ2瓶以上使おうとしても、体が止めようと働きかけます。

この行動は決して健康被害ではなく、例を挙げるなら食べ過ぎたからご飯を抜く行動と同様です。

ちなみにCBDリキッドの平均的な使用量は50mgから150mgで、適量は20mgとされています。

この量を1か月ほど続けて自分に合った量を見つけるのがベストです。

足りなければ増やし、多ければ減らして心地よい使い方を見つけていきます。

ただしメーカーによって使用感が違ったり、体質や健康状態に左右されたりするのが特徴的です。

少なくても研究報告での量ほどなくても、200mgから300mgでも問題ありません。

過剰摂取についてもっと詳しく

CBDリキッドの過剰摂取は副作用はなく、健康被害もないのが基本です。

しかし高濃度のCBDリキッドの場合、稀に気分が悪くなるケースが報告されています。このメカニズムについてはこれ以上言及はされていないものの、タバコのような深刻なダメージではなく、飲酒による影響と同じです。

もしも気分が悪くなった場合は水を飲み、気分が落ち着くまで横になれば心配はありません。

無論この間は乗車せず、何もせずに休んでいれば1時間から2時間で回復するはずです。この状態に関して「深刻じゃないか」と受け取る人がいるかもしれませんが、タバコと比較すれば軽度である事が分かります。

タバコの過剰摂取で発生する症状は急性ニコチン中毒が代表的です。

ニコチンには元々依存性があるため、摂取していれば起こりやすいものの、急性という通りに吸ってすぐに引き起こされる可能性もあります。

成人していれば40mgから60mgが症状が起こるリスクが高まる目安で、吐き気や腹痛、下痢に目眩といった体調不良から始まり、深刻になれば興奮状態や錯乱状態になりがちです。

そして重度化すれば呼吸困難や痙攣、さらには血圧の低下や昏睡状態が挙げられます。これらを踏まえると、CBDリキッドのほうが過剰摂取しても安心です。

効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます

どこよりも詳しくご紹介しています。↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

■ 効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます^^

-デメリット, 咳き込む
-, ,

Copyright© 最強!!!CBD リキッドの「失敗しようがない」選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.