"/>

CBDオイルは空腹より食事と一緒に摂るべき!

投稿日:

CBDは空腹ではなく食事と一緒に!

CBDオイルは、日本ではまだあまり広く知られていません。

そのため、飲むタイミングや摂取量について誤った認識を持たれているケースも多いです。

空腹時に摂取したほうが効果が高いと思われがちですが、それも誤解なので気を付けてください。

基本的には食事とともに食べたり飲んだりしたほうが高い効果を得られます。

具体的には、吸収されて血流に入り込む比率が高くなるのです。

CBDオイルは胃で分解された後に小腸で吸収され、さらに肝臓に流れてから全身に送られます。そう言われると、余計な食物がないほうがスムーズに進行しそうだと感じる人もいるでしょう。

この類のものは肝臓に運ばれた時点で代謝されることになり、大部分は未使用のまま排泄されるのが一般的です。

ところがCBDオイルに関しては、脂肪酸と一緒に摂取することで、この現象を抑制できることが明らかになりました。

つまり、大豆油やオリーブオイルなどと一緒に食べると、効果が高まることを期待できるのです。

空腹のときよりも3倍ほど高くなったという報告もされています。

また、血中濃度が最高になるまでの時間が遅くなることも、注目に値する事柄の一つです。

余裕を持って作用していき、効果が5倍に及ぶこともあります。

利用効率を高める方法

いくら摂取しても何も感じられないなら、前述のように食事と一緒に摂取してみましょう。

また、効果時間が極端に短いと思う場合なども同様です。

もちろん、どのような食事でも良いわけではありません。

オリーブオイルを使ったサラダなど良質な脂肪酸を取り入れられるものが望ましいです。とはいえ、毎日だと飽きてしまうので、長期的に恩恵を受けるための工夫をしましょう。

たとえば、セサミオイルやココナッツオイルも購入しておいて、ローテーションで調理に使用していくという手もあります。

しかし、そもそもそのようなオイル類が苦手という人もいるでしょう。特にグミタイプの場合、CBDをオイルと一緒に食べることに抵抗を感じるかもしれません。

その場合は一気に飲み込むのではなく、グミを小さくかみ砕くことを習慣にすると良いです。

それを飲み込まずにうまく舌の下部に運んで、そこに留めておくとゆるやかに吸収されていきます。

それから飲み込むことによって利用効率のアップを見込めます。下の上部でしばらく転がしておくなど、いろいろ試してみることが大切です。

口の中でじんわり広がっていくことを実感できるのが理想なので、自分に合った方法を探してみましょう。

効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます

どこよりも詳しくご紹介しています。↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

■ 効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます^^

ドンキホーテでは教えてくれない選び方まとめ

↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

-豆知識

Copyright© 最強!!!CBD リキッドの「失敗しようがない」選び方まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.