"/>

CBDリキッドは「キマる」?心配な方は読んでください

更新日:

CBDリキッドはキマる?んなことはない

CBDリキッドに興味があるけれども、試してみるのは怖いと思うのは摂取することで「キマる」のではないかということです。

万が一にも幻覚や幻聴に悩まされ、異常な行動を起こしたりすれば、そこで何もかもが失われます。

でも、心配する必要はありません。なぜならば、そういう状態になる成分が入っていないからです。

いわゆる「キマる」と呼ばれる状態になるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール」という成分が作用するためです。

THCが体内に入れば中枢神経系にあるカンナビノイド受容体のひとつCB1と結びつきます。

それによって多幸感や陶酔感を得られる代わりに、幻覚を見たり時間や空間の感覚が混乱していきます。

それに対してCBDリキッドはTHCが含まれていません。

したがって、THCを摂取した時に起きる精神的な作用つまり「キマる」ことはありません。

それは、同じ植物から作られているけれども、使われている部位が違うからです。THCは花穂、葉に多く含まれています。

一方でCBDは茎や種子から抽出された成分です。その部位には、THCがほとんど含まれていないし、製品化するときには僅かに残った成分は取り除かれます。

このことから法的にもCBDリキッドの輸入や使用は認められています

CBD(カンナビジオール)について

CBD(カンナビジオール)とは、麻に含まれる化学成分カンナビノイドのひとつです。

カンナビノイドとはポリフェノールの一種で、違法な薬物に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)もそのひとつです。

しかしCBDにはTHCのような精神的な働きはなく、依存性もないので安全に使用する事ができます。

では、CBDを摂取するとどのような効果が生まれるのかというと、興奮した状態を安らげるリラックス効果、自律神経を整えて不眠症の改善、抗酸化作用に抗炎症作用などです。

リラックス効果がもたらされるというと精神的な働きがあるのではないかと思うかもしれませんが、これはTHCとは違い中枢神経に働きかけて生まれる効果ではありません。

摂取しても危険な状態に陥る心配はないです。多くの効果があり、なおかつ安全性も高いということで、WHO(世界保健機関)もその有用性を認めて、てんかんの治療などに使えるという発表をしています。

ただ、その優れた効果を得ようと、海外から輸入をしようとしたとき気をつけなければいけないのがTHCが含まれている製品もあることです。

THCが含まれている製品は、少量であろうとも税関で止められます。

購入するときには、成分表などでTHCが一切含まれていないことを確認しなければいけません。

効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます

どこよりも詳しくご紹介しています。↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

■ 効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます^^

-デメリット
-,

Copyright© 最強!!!CBD リキッドの「失敗しようがない」選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.