"/>

フルスペクトラム CBDリキッドとは?「他の製品との違い」などなど

更新日:

フルスペクトラムとは?ヘンプ100%のヒーリングを実感できる効果!

フルスペクトラムはCBD単独成分のみを精製したものではなく、ヘンプに含まれているCBD以外の成分も含んだ成分という意味を持っています。

有用な成分だと注目されているCBDのほかに、CBCやCBGといったカンナビノイド成分を配合しています。

さらにテルペンやフラボノイド、ビタミンやミネラル、タンパク質や脂肪酸といった原料そのものに近い成分がCBDリキッドといえます。

このフルスペクトラムが注目されている理由の一つとして、植物から抽出されたCBD単体からなるCBDリキッドも非常に高い健康効果があるといわれていますが、実はフルスペクトラムなら単体のCBD成分だけではなく、植物そのものに近いエキスが配合されているので、薬理効果を期待することができるのです。

この薬理効果として挙げられるのが、根付きの良さや朝起きた時にすっきり感、体がリラックス状態になるなどヘンプ100%のヒーリング効果を実感することができるメリットがあります。

日本国内では健康サプリメントの流通に留まっている存在ですが、海外ではCBDリキッドが不眠や統合失調症、アルツハイマー病の治療に有用な医療品だと活用されている実績を持っているのです。

CBD・フルスペクトラムと他の製品の違い:パワーが続く!

フルスペクトラムに興味を持っている方にとって、CBD単体で摂取していれば特に違いはないのでは?と感じている方は少なくありません。この2つで大きな違いといわれているのが、接種後の効果の持続の長さといわれています。

元々純度の高いCBD単体だけを摂取することで、中用量まで効果を実感することができるといわれていますが、ある時期をすぎると反応が低下してしまう釣鐘状用量反応があります。

しかし成分単体を摂取するよりも、フルスペクトラムであれば、同時に様々な栄養素と一緒に摂取することによってパワーが落ちにくい特徴を持っています。

これはCBDと補助成分の相乗効果が影響しており、単一よりも健康へのリターンが期待できる「アントラージュ現象」と呼ばれているのです。

実際にフルスペクトラムに含まれている他の成分には、天然の植物エキスが使用されています。このエキスとして挙げられるのがテルペン類です。植物性のものから感じる良い香りはこのテルペンによって生み出されている特徴があり、実際にこの香りによって利用者の気分をリフレッシュさせ、ヒーリングを与えることができると考えられています。

テルペン類の中でもモノテルペンは、ピネンやリモネン、リナノールがあります。特にピネンは抗菌や抗炎症作用があり、記憶力へのアプローチができます。柑橘系の香りによってミトコンドリアの再生作用に働きかけます。

効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます

どこよりも詳しくご紹介しています。↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

■ 効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます^^

-フルスペクトラム
-, , ,

Copyright© 最強!!!CBD リキッドの「失敗しようがない」選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.