"/>

CBDリキッドの副作用:悪い影響を感じたことはない!

投稿日:

根本から体質改善をアプローチすることができると人気のCBDリキッドを利用したいけど、副作用が心配でなかなか勇気が出ないという人は多いかもしれませんね。

この記事では、Vapeで喫煙するCBDリキッドの副作用についてご紹介していきます。

昔からの体質や、生活習慣病などで、自分の健康に対し悩みや関心を持っている人も多いですが、自分の体をよくするためにCBDを安心して使っていくためにも、悪い影響は知っておきたいところです。

基本的にCBD(カンナビジオール)は重大な状態の原因にはなりませんが、一部(飲むタイプのCBDオイル)については、注意しておきたい点があるので、合わせてご覧になってみてくださいね。

CBDには様々なタイプがありますが、CBDリキッドをはじめ、飲むタイプや結晶粉末になったタイプ、豊富な栄養素を配合したフルスペクトラム仕様などなど、基本的な効果は同じです。

世界保健機関のWHOでも安全であると発表されていますので、科学的にみても副作用の心配がないことが証明されていると言えますね。

CBD(カンナビジオール)を配合したVape用リキッドはサプリメントです。

できるだけ使いつづけて、じっくりと健康増進に向き合うためにも、オーガニックで安全なものを選んでおきたいですもんね〜

CBDリキッドに深刻な副作用はナシ!リラックス・スポーツをする人に

基本的にCBDリキッドには副作用はありません

飲むタイプのCBDオイルは注意が必要ですが、気化タイプのCBDリキッドは薬との飲み合わせなど気にする必要はありませんよ。

CBD(カンナビジオール)は世界保健機関のWHOでも、安全であると発表されているほどです。

カンナビジオール(CBD)事前審査報告書(日本語版)

以上の英語のレポートを簡単にまとめると

CBDが体内から抜けることで、逆にだるくなったり、疲れてしまうようなことはない!

そんな感じの内容です。

世界の標準となる機関が保証している以上に、信頼できる情報はありませんよね。

個人的な見解としては、副作用とは言えませんが、あえて挙げるとすれば眠い時にリキッドをのんだ場合には眠気が出てくることもあるかもしれません

眠くてどうしようもなくなるというレベルではなく、このまま目をつぶれば気持ちよさそうだという程度です。そのため運転する予定があるのであれば、運転前に眠くないかどうかを確認してから飲んだ方がよいでしょう。

CBD リキッドを吸いすぎると...でも大丈夫

そしてどのようなものでも使い過ぎはよくありませんけど、CBDリキッドを吸いすぎてしまった場合には、気分が悪くなる可能性があります。

植物性のオイルなので、一度飲みすぎたからといってその後ずっと具合が悪くなるようなことはありませんが、1日に吸収できる量が決まっています

過剰摂取したからといって効き目が良くなるというわけではないので、摂取量はしっかりと守るようにしましょう。摂取量を守ることで深刻なほど悪い影響を考える必要はありません。特に運転前には飲み過ぎないように注意しましょう。

そしてCBDリキッドには、補助成分として他にもオイルが配合されているタイプのものもあります。

例えばリラックス効果のあるハーブや、スポーツをする人に向けた成分などバリエーションが豊富であることが特徴です。これらの補助成分についてアレルギーを持っていないかどうかは事前にチェックしておきたいところ。自分で判断できないようであればアレルギー検査をお願いして、問題がないと判断してから飲めば安心ですね。

あとはやっぱりかかりつけの医者に相談して、いつも飲んでる薬との飲み合わせを聞いておくとベストですね。

このように副作用はないものの注意したいことはあるので、用法や用量には十分に注意するようにしましょう。

CBDリキッドはハイになったりキマったりしないので安心◎

CBDリキッドは便利で最近では普通のVapeショップまで取り扱いが増えてきましたね。解禁当初と比べて、想像以上に多くの人が使うようになってきた感があります。

そこで1つ心配な点として挙げられているのはハイになったりキマることがないかです。

特にワックス系は他のリキッドに比べると純度が高いので不安ですよね。

最近「CBDワックス」が気になってきた

結論から言うと、国内のCBDリキッドを使用したとしてもそのような状態にはならないです。

濃度が高いものでももちろん大丈夫なので安心して使い続けられます。今まで利用してきた人の中の口コミも誰一人として症状は出ていませんし、私自身も6年以上使い続けていますが、逆に具合が悪くなったりしたことは一度もありません。

日本で売られている商品で精神作用を及ぼす成分が入っていたら違法になりますが、国内で購入&使用しても違法ではありません。100%安全・安心な商品です。

成分が心配と言う人が多いですが、ハイの状態をもたらすのはCBDではなく精神作用成分のTHC成分です。THC成分はCBDリキッドには含まれていません。

精神作用の成分が含まれていなければ一切問題がなく、いくら使っても法に抵触することはありません。

キマる症状がどんなのか分からない人のために簡単にお話しさせて頂くと、お酒を飲んだ時に酔ってしまうことがありますがその感覚に似ています。頭がフラフラで思考が追い付かなかったり頭の中が浮くような感じです。CBDオイルもリキッドもCBD全般の商品全てに精神作用成分が含まれていないため、このような症状は一切出ないので安心して下さい。

逆にCBDリキッドを使うことで酩酊成分を失くす効果があります。安全性に関しては一切心配しなくても大丈夫です。精神作用成分が入っていたら日本の税関を通過出来ません。

日本は特に税関は厳しいため見逃されて税関を通過してしまうことはまずないです。現に精神作用成分が含んだTHCは日本の税関を通れません。THCは国内では取り扱うのは禁止されています。

税関では徹底的に成分分析をして違法な成分が検出されなかったものだけを日本に輸入しています。大手で有名な所で購入したら偽物を買うことはないため客側は気にしなくても大丈夫です。

ただしあまり聞いたことなかったり人口コミや評価が悪い、あまりにも安い値段のサイトは正規品ではなく偽物の場合が考えられますので気を付けて下さい。

日本国内のサイトで買う場合は問題はないですが海外のサイトから直接個人で買う場合は危険です。

本物ならば絶対に精神作用成分は入っていません。

CBDリキッドを使ってみたいけれどハイになったりキマることがないか心配してた人は絶対に大丈夫なので使用してみて下さい。

違法なCBDリキッドをつかまされる前に知っておきたいこと

CBDリキッドのむせる原因喉への負担が少ない吸い方

CBDリキッドのむせる原因 イライラやストレス対策のためにCBDリキッドを購入したけれど、使い方がよく分からないせいで喉に負担をかけてしまい、むせる原因が分からず苦労している人も珍しくないです。

喉の痛みやむせにくい吸い方をご紹介していきます。

むせたとしても体内に成分は吸収されているので、CBDの硬化は十分にできるかもしれませんが、やはり苦しまずに吸引できた方が日常的に使いやすいと言えます。これからアトマイザーを初めて使用する人や、正しい使い方が分からないという人は、まずは吸いやすさを重視したセッティングのコツを覚えてください。

室温や気温に合わせて温度を設定するのが、むせないようにCBDリキッドを使用するコツで、室温が高い環境で22Wぐらいまで上げてしまうとリキッドの温度が一気に上がり、気化した大量の成分が喉に届いてしまいます。

アトマイザーの扱いに慣れている人であっても、大量の成分を一度に吸い込むと違和感でむせてしまいますから、ワット数の設定を間違えないように注意が必要です。

まずは20Wほどの設定で使用して、気化するまでの時間を調整する事をおすすめします。

RDAを使用する時も同じように注意をして、温度を調整しているだけで苦しさを感じずに成分を吸い込む事が可能です。サイズが小さくて持ち運びやすいからといって、温度を調整しにくいアトマイザーを選んでしまう人もいますが、扱いに慣れていないうちは機能性を重視して購入する製品を選ぶ事をおすすめします。

CBDリキッドは効果ない?

よくSNSやベイプショップで、「使ってみたけど効果ない、ってゆーか、むせて喉が痛い」という口コミを見かけます。

評判を検証してみると、どうやら「効果ない」という人は、途中でCBDの摂取を止めてしまっている場合が多いことに気がつきました。

濃厚な風味を楽しみたくてフルスペクトラムの製品を購入したけれど、むせるので使用するのを止めてしまった人も珍しくありません。

慣れないうちに濃度の高いものを選んでしまうと、少量を吸い込むだけでも喉の感覚の変化に驚いて、むせてしまう事もあるので注意が必要になります。

副作用と同じくらい、CBDベイパーにとってはシリアスな問題ですね。

*フルスペクトラムとは?

フルスペクトラムとは、原料となるヘンプを丸ごと使ったCBDリキッドのことを言う。CBDだけで作られたものより、健康増進につながりやすいが、吸い方を意識しないと喉の痛みに悩まされる。まずは温度調整できるVapeデバイス(iStick PICO)を選ぶこと、古いコイルを使わないことで、吸い心地がスムーズになる。

フルスペクトラムの製品であったとしても、少しずつ吸い込むように注意をすれば濃厚な風味を楽しむ事ができますし、慣れてくれば喉の感覚の違いに慣れてきて、快適に成分を吸引できるはずです。

「効かない」原因の1つは、CBDリキッドを途中でやめてしまうことですが、フルスペクトラム・リキッドの場合はVapeデバイスを変えることで吸い心地の悪さを解消できます

(効かない原因には「低濃度のCBDリキッドを使っていること」も挙げられます)

どうしても喉が痛くて続けられない場合は、飲むタイプのCBDオイルから♪

どのタイプのCBDリキッドを使用していても、むせてしまうので使用を止めようかと悩んでいる方々は、まずはCBDオイルから使用を始める事をおすすめします。

最近の人気は、US産のKoi スペクトラム。フレーバーを選べるのがポイント。

当サイトはCBDリキッド専門サイトですが、煙が苦手だからといってCBD自体を諦めるのはもったいないですからね!

オイルタイプの製品でCBDの香りや効能に慣れるうちに、リキッドタイプ製品を使っても、むせる事がなくなったと喜んでいる人も多いためです。

香りに不慣れな事が原因でむせている可能性を考えて、就寝前にCBDオイルを舌に垂らす習慣をつけるだけで、喉の違和感に悩まされずに、オーガニックなCBDを摂取できますよ。

まとめ:副作用はないけど、喉が痛くならない対策が必要

さてさて、CBDリキッドの副作用についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

WHOがCBD製品の安全性を発表したこともあって、副作用や悪い影響がないことが明らかになりました。

ただ、中にはCBDリキッドを使ってはいるけど、喉が痛くて使うのをやめようかなって方もいるかもしれません。

もしそのようなことで悩んでいるとしたら、まずはVapeデバイス(電子タバコ本体)の専門サイトで情報を集めてみると良いかと思います。

やっぱり VapeManiaさん のサイトのレビューが一番参考になりますよ。

VapeManiaさんの良いところは、悪い口コミも隠すことなく公表していること。

私自身は悪い影響を感じたことはありませんが、口コミの中にはネガティブな回答もあるので、ユーザーとしてはかなり役立ちますよ。

効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます

どこよりも詳しくご紹介しています。↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

■ 効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます^^

-豆知識
-,

Copyright© 最強!!!CBD リキッドの「失敗しようがない」選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.