"/>

CBDはドンキホーテで買うな!!??

更新日:

記事の概要

CBDをドンキホーテで買う前に!知らないと失敗します....

CBD製品が激安ショップ「ドンキホーテ」で取り扱いがあることは、コアなファン以外でも良く知られるようになりましたね。ネットで「CBD ドンキホーテ」と検索すると、実際に買っているところの写真を見つけることができます。

そもそも、CBDはオイルタイプやリキッドタイプ、ペン型、ワックスなどなど、幅広いラインナップが揃う、珍しいタイプの「サプリメント」に該当する商品です。

わたしは心からCBDに出会えて良かったと思っているので、ドンキでの取り扱いでCBDの知名度が上がるとイイな、と思っています。

しかしCBD製品を買うなら、アフターサービスのあるショップを選んで欲しい、そう思っています

健康食品に該当する商品なので、健康増進、特にQOL(クオリティオブライフ)に効果が期待されていますので、そもそも激安がウリのショップで買うのは正直おすすめできません。専門の知識を持った、買っておしまい!ではない、アフターサービスの有無でショップを選ぶべきです。

以下でもご説明しますが、専用の電子タバコ本体(vape)を選ぶのも、とても大事なポイントになります。

 

CBDリキッドもCBDペンもCBDオイルも全部揃っている店舗はコチラ!

 

CBD リキッドはドンキで買うよりコッチで!

専門のスタッフがおすすめするヴェポライザーを選ぶべし!

どうやらドンキホーテでは、リキッドタイプも置いているようです。が、CBDリキッドに合ったヴェポライザー(電子タバコ本体)を選ばないと、むせる原因になったり、喉の痛みに悩まされてしまうことになります。

また、正しい吸い方もとても大事です。

普通のタバコとは違う吸い方を知らないと、摂取効率が悪くなってしまい、効果時間が短くなってしまいます。せっかくなら、最大限、パワーを享受しておきたいですからね。

違法性は基本的に気にしなくてもイイけど…

CBD(カンナビジオール)を購入する前に、どうしても気になってしまうのが「違法性」についてです。結論から申し上げると、たとえディスカウントショップのドンキホーテであっても、基本的に気にする必要はありませんよ。

もし仮に解禁当初の2013年付近であれば、注意してください、とご説明するところですが、さすがにドンキホーテで違法性の疑いのある商品は置かないでしょう。

ただ、ネット通販での購入は気をつけるべきです。未だに詐欺まがいなサイトがありますし、胡散臭いブロガーもウジャウジャいますから。(たとえ人気のブロガーであっても気をつけた方がイイですよ)

違法性についてまとめると、

・ドンキホーテはオッケー
・ネット通販は信頼できるショップを選ぶべし

って感じです。

CBDリキッドで失敗しないコツ・コスパか高濃度かフルスペクトラムか

CBDリキッドの選び方は3つあります。

まずはコストパフォーマンスです。値段と濃度で1mlあたりの価格を算出して、一番安いタイプを選びます。

あまりに安すぎるのは…個人的にはおすすめできません。たまに濃度を分かりづらくしている製品もありますので….。

コスパだけでなく、しっかり効果も期待できるCBDリキッドといえば、CBDFX や Koi(コイ)あたりがベストですよ。

また、フルスペクトラム系のリキッドも選択肢に入れておきましょう。コストはかかりますが、バラエティに富んだ成分が配合されているので、健康維持に繋がりやすいことが、研究を通して知られています。価格は張りますが、その分、最短で生活の変化を実感できるはずです。

フルスペ系でおすすめはやっぱりファーマヘンプ社の「プレミアムブラック」でしょう。

最後に、濃度です。高濃度であるほど、CBD感をキャッチしやすいのは言うまでもありません。

最近の流行りは「サクラ CBDカートリッジ」でしょうか。なんと50%濃度!!!! ワックス並みの超高濃度で、2019年10月現在で、日本で手に入るリキッド系で最高濃度の商品です。カートリッジタイプなので、コイルを変えたり、リキッドを注入する必要がなく、電子タバコ本体も使い回せるので人気です。

最強のリキッドはサクラ CBDカートリッジ!「効果ない」って方も試してみて

よく人におすすめを聞かれるんですが、リキッド系でいえば文句なくサクラ CBDカートリッジでしょう。

*効能的には抜群ですが、「キマる」ような作用はありませんので、安心して使えますよ。

*サクラの50%濃度でも満足できない!って方は、(そうそういないと思いますが)、CBDパウダーをリキッドに溶かして自作する方法もあります。

CBD リキッドまとめ・信頼のできる店舗で自分にあった商品を選ぶべし!

CBD リキッドをドンキホーテで買う前に知っておきたいことをまとめてきました。

どうして信頼のできる店舗を選ぶべきなのかまとめると、

・専用の電子タバコ本体(vape)はめっちゃ重要
・ドンキの商品の違法性は大丈夫、だけどネット通販は気をつけて
・自分に合った製品を選べる

ってとこでした。

あ、ちなみにAmazonでは売っていません。

個人的にはやっぱりVapemaniaさんがイチバンですかね〜

 

CBDをドンキホーテで買う前に!信頼のできる店舗はコチラから

 

ドンキのCBDオイル(経口摂取)よりコッチ!おすすめランキング!

以上、喫煙用をご紹介してきましたが、飲むタイプ(経口摂取)のCBDオイルも合わせて使うと効率よく健康維持に繋げられますよ。

個人的におすすめな3メーカーを集めてみました。

CBDオイルのおすすめ NO.1 は「Koi CBD オイル」

CBDオイルで一番おすすめなのは、堂々の1位に輝いているKoi CBD オイルです。この商品は、フルスペクトラムブレンドで知られるブランドのもので、有機栽培のオーガニック用素材を使っているのが特徴です。素材の質が優れていますが、更にISO認証を受けている施設で抽出が行われていて、しかも純度99%という圧倒的な数字を誇ります。また、複数の厳しい認証をクリアしているので、安心感や質の高さは紛れもなく本物です。

おすすめランキング1位を獲得しただけあって、評価が高く安定した人気を得ているのも頷けます。

肝心のKoi CBD オイルについては、有効成分を高純度で抽出していますから、それだけ効果に期待することができます。純度の高さ故に味や香りの違和感がなく、すんなりと摂取可能なので、長く愛用し続けられるでしょう。

味の美味しさは流石Koi CBD オイルといったところで、これまでに多くのオイルを試してきた人でも満足できるはずです。香りも1位に納得できる仕上がりなので、CBDオイル好きや興味を持っている人なら、一度は試してみるのが正解です。

フルスペクトラムのKoi CBD オイルは、30ml容器で使いやすく販売されています。その為、何時でも品質の良いオイルを楽しむことができます。

リラックスや活力感が得られたり、生活習慣のサポートを改善してくれるので、これらの悩みや不満を抱えている人に朗報です。

リキッドとは違い、直接摂取できるKoi CBD オイルは、他の数あるCBDオイルとは一線を画します。

舌下に滴下して60~90秒ほど口に含み飲み込むだけで、1日の疲れを癒やしたり、気持ちを新たに活動できるようになります。回数は朝晩の1日2回が推奨で、体調や好みに合わせて5~10適の間で調整する使い方です。

フレーバーは素材感を活かしたナチュラルに、ジューシーさを味わえるオレンジと、間を取ったライムがあります。すっきり感を重視したい場合は、スペアミントのフレーバーが期待に応えてくれるでしょう。

使う量やペースは自由で、好きな時に何時でも楽しめますし、CBDオイルを前向きにお試ししたくなったらやはりこのkoiブランドのオイルがおすすめです。品質に疑う余地はなく、何よりこれまでの十分な販売実績があるので、安心して使用することが可能です。普段の生活に加えるだけで、日常をより豊かにしてくれますから、検討の余地は十分にあるといえます。

2位はHemptouch!

CBDオイルのおすすめ2位はHemptouchの商品で、アロマテラピーの原則に基づく認証を得ていたり、ヴィーガン精神に則っているのがポイントです。

厳格なヴィーガンに植物由来だと認められているので、Hemptouchからはまず、素材の良さを窺い知ることができます。

CBDオイルは10ml入りが人気で、多様なフルスペクトラムエキスをブレンドして作られたものです。

原産はスロベニアにあるHemptouch社で、全てここで高純度の抽出を行い、容器に入れて日本に出荷されているわけです。一貫した生産で品質と共に信頼性もありますから、質に厳しい日本人も安心して楽しめるでしょう。

フレーバーはペパーミントとオレンジやココナッツに、チョコレートまであります。香味成分は100%の天然ですから、混じりけのないナチュラルな味や香りが味わえます。チョコレートは、CBDオイル定番の柑橘やハーブ系とはまた違った、独自の魅力を発揮しています。1位と比べてそれほど差はない2位ですから、自信をもっておすすめしたり、試してもらうことができます。

3位はファーマヘンプ!

3位のファーマヘンプは、スロベニアで生産を行い世界中に供給している企業の商品です。

2011年から最高クラスのCBDオイルに拘り続けているので、この業界の中では老舗に位置づけられます。自然の素材の良さを活かした商品生産を行う為に、ファーマヘンプ社は技術革新に力を入れ、そして現在の高い評価を得ています。

ピュアで余計なものが入らないCBDオイルを追求した結果、第三者機関による品質検査や、多くの愛用者達に認められました。フルスペクトラムのオイルは高純度かつ高濃度で、痛みの解消に役立つという愛用者の声があります。

感じ方は人それぞれですが、しかし他社商品と比べて抜きん出た濃度は、優れた効果に結びついても不思議ではないでしょう。

フレーバーはリキッドを含むと、ピーチにマンゴーやドロップ味などが並びます。フルーティーなリキッドに定評がありますから、果物でも柑橘系ではない味を楽しみたい人に最適です。

ファーマヘンプは、1位や2位に並ぶだけの安心の品質と、高純度で味わえる魅力が確かに感じさせます。ここまで魅力的な商品を提供する企業は、数あるCBDメーカーの中でも限られます。ランキングに入るだけでも凄いですが、ライバルと渡り合える商品を提供し続けていることも、ファーマヘンプの評価に繋がっています。

 

ドンキのCBDオイルよりコッチが便利!

 

CBDペンはドンキホーテよりVapemaniaがベスト!

オランダに本社を構える「ナチュール」のcbdペンもドンキホーテで取り扱いがあるようです。正式名称は「natuur cbd pen」で、実際に200回吸いきってみたレビューした記事はこちらです。

CBDペンとは、コンパクトなので会社の喫煙所でも目立たないのが人気の秘密です。また、使い捨てなので、メンドウなコイルの交換やリキッドの補充が必要ないのも大きな魅力の1つです。使い方はめちゃくちゃ簡単で、ボタン操作なしに、そのまま口をつけて吸うだけなんです。初めて吸ったときは驚きましたね!

フレーバーは、ヘンプ本来の味を活かした「スカンク」や「メリージェーン」なんかがあります。最近では「テルペン配合」のシリーズも発売されて、コンパクトながら健康維持にも効果的、という認識ですね。

ドンキでも買えるCBDペンのメリットをまとめると、

  • コンパクトなので目立たない
  • 使い捨てなのでメンドウな交換が必要ない
  • 使い方(吸い方)が驚くほど簡単(吸うだけ)
  • ヘンプ本来のテイストを味わえる
  • テルペン配合なので健康維持効果が期待できる

最近のお気に入りは「CBDFX ペン」ですね。間違いなく。おそらくCBDFX系はドンキホーテでも売ってないでしょう。

ナチュールもCBDFXも、両方扱っているのがVapemania(ベイプマニア)です。

CBD ペンの一覧はコチラから

 

CBDリキッドはサプリメントなので、イイ効果ばかりではないはず・・・と疑ってしまうかもしれませんね。ネットでは良い評判しか見かけませんしね。

この記事では、CBDリキッドを使い続ける中で「悪い影響はないの?」ということを実体験を元にご紹介していこうと思います。

最後までお読みいただければ、安心して使い続けられるようになると思います。

宜しくお願い致します!

基本的に悪い影響を心配する必要はない

電子タバコのように喫煙するタイプなので、ニコチンやタールのように副作用や健康被害が心配・・・という方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

結論から申し上げますと、CBDリキッドは基本的に悪い影響はありません。

ニコチンはもちろん、タールも含まないので、痰が出たりしないのでとても使いやすいアイテムですよ!

とはいえ、稀にアレルギーを持っている方もいるようなので、心配な方はパッチテストをやってから使うと安心ですね。

(今までアレルギーだった、という人は、ツイッターやレビューサイトで見かけたことはありません)

飲用のCBDオイルでの注意点

完璧なサプリメントって逆に怪しいと思っちゃいますよね。

実際、経口摂取するCBDオイルに含まれる「ヘンプオイル」を摂取する場合は気をつけていただきたいことがあります。

飲むタイプはキャリアオイルとして、ヘンプオイルが使われていることがあります。2016年くらいに美容にこだわる女優さんが使っていることで軽くブームになりましたね。

ヘンプの「種」から採れる油なんですけど、気をつけておきたいことが2点あります。

  1. カルシウムの吸収を阻害する
  2. 自閉症を悪化させる

以上の2つが、研究でわかっているそうです。

ヘンプオイルではなく、オリーブオイルを使っている製品を選ぶと間違いないでしょう。

ファーマヘンプのCBDドロップはヘンプオイルではなく、オリーブオイルを使っている人気の商品です。

経口摂取すると作用時間が長くなるメリットがあるので、本気の方は併用されているそうですが、念のためデメリットも確認していただきたいと思います。

副作用まとめ・飲むオイルにヘンプオイルが使われていないか確認。

CBDリキッドを使うことで健康被害になったという話はありませんが、飲むCBD製品を使う場合は、キャリアオイルにヘンプオイルが使われていないか確かめておくと安心ですね。

とはいえ、のべつまくなしに喫煙しても吸収されない分は体外に排出されてしまうので、何事もそうですが、適量が一番ですよ^^

 

ドンキホーテより安心してCBDを買うならコチラから

 

CBDを美味しく吸うために!正しいアトマイザーの選び方

CBDリキッドを吸うためには、専用の電子タバコ・デバイス(Vape・ベイプ・MOD)が必要ですが、

  • RDAとクリアロマイザー、どちらを選んでおくべきなのか

迷ってしまいますよね。

RDAとクリアロ、どちらでも気化摂取できるっちゃできますが、良い点・悪い点がそれぞれあります。

  • 匂いやフレーバーをもっと楽しみたい
  • よくむせるので喉越しをよくしたい
  • CBDと相性の良いデバイスが欲しい

という方のために情報を詰め込みました。

せっかく買ってみたけど、全然楽しくないから・・・と途中でやめてしまっては、せっかくの機会を失ってしまいます。

私自身がかれこれ1年以上経験してきた上での情報なので、ご参考になるかと思います。

まずは各メーカーさんの推奨の吸い方についてご説明していきます。

ナチュール社に吸い方を聞いてみた:爆煙はダメ

クラシックなフレーバーを楽しめるナチュール社にアトマイザーについて質問してみると、爆煙タイプのベイプ・デバイス以外であれば問題ない、ということでした。

ベイパー(蒸気)でトリックしたりする場合は、低抵抗・高出力のデバイスが必要になりますが、CBDリキッドだと

高抵抗・低出力にすると、蒸気にしっかりCBDが「乗ってくれる」そうです。

よくわからないまま、Vapeのイメージで爆煙タイプのMODを選んでしまいそうになりますが、コンパクトで熱くなりすぎないデバイスを選ぶようにしましょう。

コイ社に聞いてみた:コイル代も安い「RDA」がオススメ

コアなファンが多いKoi(コイ)社にデバイスについて尋ねると、自作ビルドを楽しめる「RDA」がオススメ、というご回答。

アトマイザーをビルドするのは多少時間はかかりますが、CBDリキッドに合ったセッティング(設定)を楽しめるのが大きなメリットです。

初期費用はかかりますが、自作する分、消耗品であるコイル代が安上がりです。

また、人気のCBDワックスやCBDパウダーを載せて吸えるので、1台あればかなり使いまわせます。CBDを配合していないノーマルのリキッドも楽しめますしね。

初めての1本にぴったりなクリアロは、扱いやすいメリットはありますが、コイル交換にコストがかかってしまうのでね。

自作する手間を惜しまないという方は、RDAから初めてもイイのではないでしょうか。

アトマイザー・正しい吸い方まとめ:初心者はクリアロマイザー、手間を惜しまない方はRDAを選ぶべし!

Vapeデバイスの選び方ってメンドウなイメージがありますよね。

もし初めてなら、オールインワンのクリアロを選んでおけば手間がかからないし、別売りのコイルを買い足すだけでオッケーです。

私も基本的にクリアロです。

ポイントは「コイルの価格が高くない」、「液漏れの心配がない」デバイスを選ぶことです。

CBDリキッドにオススメなクリアロは名品「FOG1(フォグワン)」で間違いありません。

#初めての1本にぴったりのクリアロマイザー「FOG1」

#初めての1本にぴったりのクリアロマイザー「FOG1」

いっぽう、手間がかかっても構わない!という方は、コストがかからないRDAを選んでしまえば、その分CBDリキッドにお金をかけられますね。

温度管理できるのでフルスペクトラム系のリキッドとの相性もよく、吸い心地を格段にアップさせることができます

RDAデバイスであれば、とにかくiStick Picoあたりがイイでしょう。

#RDAデバイスの「ピコ」

#RDAデバイスの「ピコ」

それぞれ良し悪しはありますが、場面によって使い分けるのがベストかと。

例えば、外に遊びに行く時はAIO・クリアロ、家でじっくり楽しむならRDAといった具合に使い分けるのが最強の楽しみ方ですね。

とりあえず、VapeManiaさんで扱っているデバイスを選んでおけば間違いないのは言うまでもないって感じです。

1瓶でどれくらい吸える?1ヶ月にかかるコストも計算

CBDリキッドって1瓶でだいたいどれくらい吸えるのか、事前に知っておきたいところです。人によって満足できる量は違ってきますが、目安として1瓶で10〜20日前後は持つ感じですね。1ヶ月で使える金額が決まっている方は、しっかり計算しておくと続けやすいです。

ということで、1日の摂取量から算出していこうと思います。

1瓶でどれくらいの日数?

ファーマヘンプの5%濃度=500mg/10mlで計算していきましょう。

輸入解禁当初から比べて、4割くらいはやすくなりましたが、まだまだ手を出しづらい・・・という方も多いと思います。1日の目安はだいたい20mg前後と言われているので、その計算だと25日は持つ計算になります。私の場合は、多くて50mgなので、10日間くらいで使い切る計算になりますね。

アトマイザーのタンクの目盛りで量を確認すると便利

スポイトになっていて、正確な量がわかりにくいので、お使いのVapeデバイスのタンクで計算するとわかりやすいと思います。人気のスターターキット「フォグワン」で算出してみましょう。

タンクを満タンにすると2mlで、CBD量は100mgになりますね。目盛りの半分で50mgなので、1日でタンクの半分使うと10日間くらいで使い切る計算になりますね。個人的には、毎日その量はキツイので、10〜25日間くらいで1瓶使い切ると思っていていいかと思います。

1ヶ月の価格は?

10日で使い切る感じだと、1ヶ月3瓶必要なので9.800円×3=29.400円。20日だと1瓶半なので14.700円になります。合わせてデバイスのコイル=1個300円程度なので、だいたい10.000円〜30.000円前後が1ヶ月分のコストになります。

高いと感じるかどうかは人それぞれだと思います。病院で処方される薬を減らすことができれば、その分をCBDリキッドに使えますしね。私も季節の変わり目に「喘息」で悩んでいましたが、今ではCBDリキッドだけで乗り越えることができています。

病院で処方される薬は、即効性はあるものの、根本から治ることはなく、むしろ量が増えてあとあと高くついたりします。

コストまとめ・サプリメントとしてはちょっと高いくらい。

1瓶でだいたい10〜20日前後、費用は10.000円〜30.000円程度、と考えておくといいかと思います。

少量で最大の効果を得るように使えば、もっとコストを抑えることはできると思います。

そもそも嗜好品としてではなく、サプリメントとして考えれば、法外な価格ではないと思っています^^

 

CBD製品のコストを抑えるならココ!送料無料・ポイント還元あり

CBDの摂取量について

1日でどれくらいの量を摂取すればイイのか、わかりにくいというか、曖昧というか・・・。というのも、メーカーによって推奨している量が違うので、これ!というものがありません。(薬事法の絡みもあって、幅を持たせる表記になっています)

とはいえ、だいたいでいいので知っておけば、自分にあった量を見つけやすいです。逆に少なすぎたら、期待するような体感が得られないこともあります。この記事では、メーカーによって違う摂取量を、わかりやすくまとめてみました。

1日あたり20mg以上を目安に!

体質によってお酒の量が違うように、CBDも適量は人それぞれ違います。断定的な表現はできませんが、おおよそ20mg前後を目安に摂取するといいとされています。個人的には最大50mgも吸えば満足できますし、200mg必要!という方もいたので、一概には言えません。なので、まずは20mgを目安に初めて、満足できなければ量を増やしていくと自分にあった量を見つけられると思います。

できれば毎日、どれくらい喫煙しているのか知っておくと、健康キープしやすいはずです。

過剰摂取は心配ない?

ここで気になるのが、最大どれくらいまで摂取していいの?ってことですが、1日最大1.280mg摂っても、悪い影響はないことが、知見を通して知られています。ちなみに4週間ぶっ続けでも大丈夫だそうです。1日500mgすら難しいので、基本的に過剰摂取の心配はないので、もし満足できない場合は思い切って量を増やしてみるのもアリだと思います。

私も1日に4ml=200mgを摂取したことがありますが、結構ふわふわになりました 笑。できれば運転したくないな、くらいの感じです。

もちろんその量を毎日吸え!と言われれば吸えますが、別に吸う必要もないでしょ!って感じでしたね。依存性は「ほとんど」ないと思います。

*まったく依存性がない、とは言い切れませんが、コーヒーやお酒、タバコなんかよりダントツで低いと思います。

摂取量まとめ・20mgから始めて徐々に増やしてもOK

1日20mgからスタートして、50、100mgくらいまで吸ってみて、自分にあった量を見つけると、足りなかったり、多すぎたりせず、毎日続けられると思います。

もし仮に吸い過ぎても、過剰摂取の心配はないので、そこは本当に安心して使えるサプリメントだな〜って思っています。できるだけ続けて、健康を維持できるように、プラスα、食生活の見直しもしておくといいと思いますよ^^

 

リアルなユーザーの摂取量を口コミで確認できるショップはコチラ

 

CBDの違法性について・基本的に大丈夫だけど、個人輸入は気をつけて!

アマゾンでCBD製品が発売されなくなって久しいですが、違法性について疑ってしまう方も多いかもしれません。結論からいうと、たとえドンキホーテであっても違法なCBDペンをつかまされることはないです。

日本の規制はとても厳しく、ほんのちょっとでも違法成分が混入していると税関を通過することができません。

*違法成分は酔ったような状態になる「テトラヒドロカンナビノール(THC)」という成分

ヘンプを抽出すると200種類以上もの「カンナビノイド」が含まれていますが、そのうちの1つであるテトラヒドロカンナビノールが規制された値より多く混入していると、日本で持っていると捕まって(!!!)しまいます。

また、原料の部位も重要です。

つまり、成熟した「茎」または「種」から抽出されたものでなければ、法律に抵触する可能性があります。

日本と、例えば欧米の法律が全然違うので、安易に個人輸入することは、管理人としてはおすすめしていません。

どんなCBDオイルが税関で止められるの?

CBDオイルを安く入手しようと思っても、取り扱っているところが少なくて、所望の価格で購入するのは難しい場合もあります。

そんな状況を打破するアイデアとして、日本より安く流通している国に行ったときに購入するというものがあります。

しかし、このアイデアには大きな落とし穴があるので注意しなければなりません。

それは、せっかく購入しても税関で止められる恐れがあるということです。

その背景にはCBDオイルの成分に関する深刻な問題があります。CBDオイルは厚生労働省に目を付けられており、向精神成分が入っていないか疑念を強く持たれているのです。

もちろんそのような成分を含んでいない商品はたくさんありますが、一部の商品に入っていたことが分かっており、海外からの持ち込みに神経を尖らせているというのが実情となっています。

そのため、税関におけるチェックが非常に厳格になっており、状況によっては没収されてしまう可能性も十分にあるということです。

しかし、はっきりとした基準は打ち出されていないので、止められるかどうかを専門家以外が判断するのは簡単ではありません。

参考として、対象となりやすいのは個人輸入品や非正規品だと覚えておきましょう。

日本の正規代理店が一番安心

海外のCBDオイルを手に入れたいのであれば、自分で何とかしようと考えるのは危険です。確実に購入したいなら、税関で止められるリスクが少ない方法を選ぶ必要があります。

そこでポイントになるのはこれまで輸入に成功している正規代理店を頼ることです。これまでに多くの実績重ねてきたところなら、個人輸入よりも無事に仕入れられる可能性はとても高いと考えられます。

心配であれば事前に問い合わせをして、迅速に対応してくれるところを選ぶと良いでしょう。なかなか反応がなかったり日本語がたどたどしかったりする場合は、外国人が非正規品を扱っているようなショップかもしれません。

また、もし税関で止められるような事態になっても、しっかりとフォローしてくれるところを選択することも大切です。

そのような意味では日本で有名な正規代理店を頼るのが最も安心できる方法といえます。

その代表ともいえるのはVapemaniaやCBDMANIAですが、それらに注文をして商品が手元に届かないようなトラブルは聞いたことがありません。

安全性を重視する人にはうってつけの存在です。この2つのショップは、こちらに不明な点があれば些細なことでもきちんと説明してくれます。

 

違法性が心配な方はベイプマニア!詳細はコチラ

 

成分が明記されているCBDオイルを選ぶ

CBDオイルに関しては成分や健康面に関する議論が多くなされています。そのため、正しい情報を判断したり得たりすることが難しいと感じる人もいるでしょう。

その場合は厚生労働省の見解をチェックすると参考になります。この問題に関しては、酩酊につながる成分を含む商品が存在することを公表しています。もちろん、それは違法な成分なので健全に利用したのであれば手を出してはいけません。向精神成分に当てはまるものであり、素人どころか医療に従事する人であっても使うことは厳禁です。そう言われるとCBDオイルそのものが違法だと勘違いしていしまう人もいます。

決してそういうわけでなく、上記の成分が配合されているものだけが取り締まりの対象ということです。

したがって、購入するときは成分についてしっかりチェックしなければなりません。具体的には成分表に、THCという名前が書かれていたら違法である可能性が高いです。

アメリカでも扱われている人気のブランドでも対象のものがあるので注意してください。

また、パッケージのどこにもTHCという文字がないからといって安心するのは早いです。しっかりと成分が明記されているものしか購入の候補にしないようにしましょう。

厚生労働省の許可を得た信頼のできる日本の代理店でCBDオイルを選びましょう

上記のような事情があるので、CBD製品は慎重に購入しなければなりません。そう言われても、専門的な知識がなければ、本当に安全かどうかを判断するのは難しいでしょう。

その不安は、信頼性の高いメーカーや代理店を選択することで解消が可能です。たとえば、Vapemaniaは安心して購入できるということで非常に評判が高いです。大きな特徴としてスタッフがCBDと真摯に向き合っていることが挙げられます。店舗に行けばCBD製品について分かりやすく教えてもらえるので、初心者にはこれ以上ないぐらい頼もしい存在です。

そう言われても、いろんな不要な製品までうまく買わされたりしないか不安な人もいるでしょう。

たしかに、そのなかに違法なものが含まれていれば大問題です。しかし、そのような押し売りは受けませんし、法に背くようなことをアドバイスされることもありません。

CBDの素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいというのがスタッフの原動力になっています。

ただし、店舗に行くのであれば予約優先なので気を付けましょう。そのスタンスからは、CBDを求める一人ひとりにしっかり対応したいという考えがうかがえます。反対に、大量にさばいて営利を重視しているところは避けるのが無難です。

 

厚生労働省の許可が降りたCBD製品を取り扱うショップはコチラ

 

効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます

どこよりも詳しくご紹介しています。↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

■ 効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます^^

-ドンキホーテ
-, ,

Copyright© 最強!!!CBD リキッドの「失敗しようがない」選び方まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.