"/>

CBDはドンキホーテで買うな!!??

更新日:

記事の概要

CBDをドンキホーテで買う前に!知らないと失敗します....

CBD製品が激安ショップ「ドンキホーテ」で取り扱いがあることは、コアなファン以外でも良く知られるようになりましたね。ネットで「CBD ドンキホーテ」と検索すると、実際に買っているところの写真を見つけることができます。

そもそも、CBDはオイルタイプやリキッドタイプ、ペン型、ワックスなどなど、幅広いラインナップが揃う、珍しいタイプの「サプリメント」に該当する商品です。

わたしは心からCBDに出会えて良かったと思っているので、ドンキでの取り扱いでCBDの知名度が上がるとイイな、と思っています。

しかしCBD製品を買うなら、アフターサービスのあるショップを選んで欲しい、そう思っています

健康食品に該当する商品なので、健康増進、特にQOL(クオリティオブライフ)に効果が期待されていますので、そもそも激安がウリのショップで買うのは正直おすすめできません。専門の知識を持った、買っておしまい!ではない、アフターサービスの有無でショップを選ぶべきです。

以下でもご説明しますが、専用の電子タバコ本体(vape)を選ぶのも、とても大事なポイントになります。

 

CBDならドンキホーテより公式サイト!詳細はコチラ!

 

CBD リキッドはドンキで買うよりコッチで!

専門のスタッフがおすすめするヴェポライザーを選ぶべし!

どうやらドンキホーテでは、リキッドタイプも置いているようです。が、CBDリキッドに合ったヴェポライザー(電子タバコ本体)を選ばないと、むせる原因になったり、喉の痛みに悩まされてしまうことになります。

また、正しい吸い方もとても大事です。

普通のタバコとは違う吸い方を知らないと、摂取効率が悪くなってしまい、効果時間が短くなってしまいます。せっかくなら、最大限、パワーを享受しておきたいですからね。

違法性は基本的に気にしなくてもイイけど…

CBD(カンナビジオール)を購入する前に、どうしても気になってしまうのが「違法性」についてです。結論から申し上げると、たとえディスカウントショップのドンキホーテであっても、基本的に気にする必要はありませんよ。

もし仮に解禁当初の2013年付近であれば、注意してください、とご説明するところですが、さすがにドンキホーテで違法性の疑いのある商品は置かないでしょう。

ただ、ネット通販での購入は気をつけるべきです。未だに詐欺まがいなサイトがありますし、胡散臭いブロガーもウジャウジャいますから。(たとえ人気のブロガーであっても気をつけた方がイイですよ)

違法性についてまとめると、

・ドンキホーテはオッケー
・ネット通販は信頼できるショップを選ぶべし

って感じです。

CBDリキッドで失敗しないコツ・コスパか高濃度かフルスペクトラムか

CBDリキッドの選び方は3つあります。

まずはコストパフォーマンスです。値段と濃度で1mlあたりの価格を算出して、一番安いタイプを選びます。

あまりに安すぎるのは…個人的にはおすすめできません。たまに濃度を分かりづらくしている製品もありますので….。

コスパだけでなく、しっかり効果も期待できるCBDリキッドといえば、CBDFX や Koi(コイ)あたりがベストですよ。

また、フルスペクトラム系のリキッドも選択肢に入れておきましょう。コストはかかりますが、バラエティに富んだ成分が配合されているので、健康維持に繋がりやすいことが、研究を通して知られています。価格は張りますが、その分、最短で生活の変化を実感できるはずです。

フルスペ系でおすすめはやっぱりファーマヘンプ社の「プレミアムブラック」でしょう。

最後に、濃度です。高濃度であるほど、CBD感をキャッチしやすいのは言うまでもありません。

最近の流行りは「サクラ CBDカートリッジ」でしょうか。なんと50%濃度!!!! ワックス並みの超高濃度で、2019年10月現在で、日本で手に入るリキッド系で最高濃度の商品です。カートリッジタイプなので、コイルを変えたり、リキッドを注入する必要がなく、電子タバコ本体も使い回せるので人気です。

最強のリキッドはサクラ CBDカートリッジ!「効果ない」って方も試してみて

よく人におすすめを聞かれるんですが、リキッド系でいえば文句なくサクラ CBDカートリッジでしょう。

*効能的には抜群ですが、「キマる」ような作用はありませんので、安心して使えますよ。

*サクラの50%濃度でも満足できない!って方は、(そうそういないと思いますが)、CBDパウダーをリキッドに溶かして自作する方法もあります。

CBD リキッドまとめ・信頼のできる店舗で自分にあった商品を選ぶべし!

CBD リキッドをドンキホーテで買う前に知っておきたいことをまとめてきました。

どうして信頼のできる店舗を選ぶべきなのかまとめると、

・専用の電子タバコ本体(vape)はめっちゃ重要
・ドンキの商品の違法性は大丈夫、だけどネット通販は気をつけて
・自分に合った製品を選べる

ってとこでした。

あ、ちなみにAmazonでは売っていません。

個人的にはやっぱりVapemaniaさんがイチバンですかね〜

 

CBDリキッドはドンキより安い公式サイト!

 

ドンキのCBDオイル(経口摂取)よりコッチ!おすすめランキング!

以上、喫煙用をご紹介してきましたが、飲むタイプ(経口摂取)のCBDオイルも合わせて使うと効率よく健康維持に繋げられますよ。

個人的におすすめな3メーカーを集めてみました。

CBDオイルのおすすめ NO.1 は「Koi CBD オイル」

CBDオイルで一番おすすめなのは、堂々の1位に輝いているKoi CBD オイルです。この商品は、フルスペクトラムブレンドで知られるブランドのもので、有機栽培のオーガニック用素材を使っているのが特徴です。素材の質が優れていますが、更にISO認証を受けている施設で抽出が行われていて、しかも純度99%という圧倒的な数字を誇ります。また、複数の厳しい認証をクリアしているので、安心感や質の高さは紛れもなく本物です。

おすすめランキング1位を獲得しただけあって、評価が高く安定した人気を得ているのも頷けます。

肝心のKoi CBD オイルについては、有効成分を高純度で抽出していますから、それだけ効果に期待することができます。純度の高さ故に味や香りの違和感がなく、すんなりと摂取可能なので、長く愛用し続けられるでしょう。

味の美味しさは流石Koi CBD オイルといったところで、これまでに多くのオイルを試してきた人でも満足できるはずです。香りも1位に納得できる仕上がりなので、CBDオイル好きや興味を持っている人なら、一度は試してみるのが正解です。

フルスペクトラムのKoi CBD オイルは、30ml容器で使いやすく販売されています。その為、何時でも品質の良いオイルを楽しむことができます。

リラックスや活力感が得られたり、生活習慣のサポートを改善してくれるので、これらの悩みや不満を抱えている人に朗報です。

リキッドとは違い、直接摂取できるKoi CBD オイルは、他の数あるCBDオイルとは一線を画します。

舌下に滴下して60~90秒ほど口に含み飲み込むだけで、1日の疲れを癒やしたり、気持ちを新たに活動できるようになります。回数は朝晩の1日2回が推奨で、体調や好みに合わせて5~10適の間で調整する使い方です。

フレーバーは素材感を活かしたナチュラルに、ジューシーさを味わえるオレンジと、間を取ったライムがあります。すっきり感を重視したい場合は、スペアミントのフレーバーが期待に応えてくれるでしょう。

使う量やペースは自由で、好きな時に何時でも楽しめますし、CBDオイルを前向きにお試ししたくなったらやはりこのkoiブランドのオイルがおすすめです。品質に疑う余地はなく、何よりこれまでの十分な販売実績があるので、安心して使用することが可能です。普段の生活に加えるだけで、日常をより豊かにしてくれますから、検討の余地は十分にあるといえます。

2位はHemptouch!

CBDオイルのおすすめ2位はHemptouchの商品で、アロマテラピーの原則に基づく認証を得ていたり、ヴィーガン精神に則っているのがポイントです。

厳格なヴィーガンに植物由来だと認められているので、Hemptouchからはまず、素材の良さを窺い知ることができます。

CBDオイルは10ml入りが人気で、多様なフルスペクトラムエキスをブレンドして作られたものです。

原産はスロベニアにあるHemptouch社で、全てここで高純度の抽出を行い、容器に入れて日本に出荷されているわけです。一貫した生産で品質と共に信頼性もありますから、質に厳しい日本人も安心して楽しめるでしょう。

フレーバーはペパーミントとオレンジやココナッツに、チョコレートまであります。香味成分は100%の天然ですから、混じりけのないナチュラルな味や香りが味わえます。チョコレートは、CBDオイル定番の柑橘やハーブ系とはまた違った、独自の魅力を発揮しています。1位と比べてそれほど差はない2位ですから、自信をもっておすすめしたり、試してもらうことができます。

3位はファーマヘンプ!

3位のファーマヘンプは、スロベニアで生産を行い世界中に供給している企業の商品です。

2011年から最高クラスのCBDオイルに拘り続けているので、この業界の中では老舗に位置づけられます。自然の素材の良さを活かした商品生産を行う為に、ファーマヘンプ社は技術革新に力を入れ、そして現在の高い評価を得ています。

ピュアで余計なものが入らないCBDオイルを追求した結果、第三者機関による品質検査や、多くの愛用者達に認められました。フルスペクトラムのオイルは高純度かつ高濃度で、痛みの解消に役立つという愛用者の声があります。

感じ方は人それぞれですが、しかし他社商品と比べて抜きん出た濃度は、優れた効果に結びついても不思議ではないでしょう。

フレーバーはリキッドを含むと、ピーチにマンゴーやドロップ味などが並びます。フルーティーなリキッドに定評がありますから、果物でも柑橘系ではない味を楽しみたい人に最適です。

ファーマヘンプは、1位や2位に並ぶだけの安心の品質と、高純度で味わえる魅力が確かに感じさせます。ここまで魅力的な商品を提供する企業は、数あるCBDメーカーの中でも限られます。ランキングに入るだけでも凄いですが、ライバルと渡り合える商品を提供し続けていることも、ファーマヘンプの評価に繋がっています。

 

ドンキのCBDオイルよりコッチが便利!

 

CBDペンはドンキホーテより公式サイトがベスト!

 

オランダに本社を構える「ナチュール」のcbdペンもドンキホーテで取り扱いがあるようです。正式名称は「natuur cbd pen」で、実際に200回吸いきってみたレビューした記事はこちらです。

CBDペンとは、コンパクトなので会社の喫煙所でも目立たないのが人気の秘密です。また、使い捨てなので、メンドウなコイルの交換やリキッドの補充が必要ないのも大きな魅力の1つです。使い方はめちゃくちゃ簡単で、ボタン操作なしに、そのまま口をつけて吸うだけなんです。初めて吸ったときは驚きましたね!

フレーバーは、ヘンプ本来の味を活かした「スカンク」や「メリージェーン」なんかがあります。最近では「テルペン配合」のシリーズも発売されて、コンパクトながら健康維持にも効果的、という認識ですね。

ドンキでも買えるCBDペンのメリットをまとめると、

  • コンパクトなので目立たない
  • 使い捨てなのでメンドウな交換が必要ない
  • 使い方(吸い方)が驚くほど簡単(吸うだけ)
  • ヘンプ本来のテイストを味わえる
  • テルペン配合なので健康維持効果が期待できる

最近のお気に入りは「CBDFX ペン」ですね。間違いなく。おそらくCBDFX系はドンキホーテでも売ってないでしょう。

ナチュールもCBDFXも、両方扱っているのがVapemania(ベイプマニア)です。

CBD ペンの一覧はコチラから

 

CBDリキッドはサプリメントなので、イイ効果ばかりではないはず・・・と疑ってしまうかもしれませんね。ネットでは良い評判しか見かけませんしね。

この記事では、CBDリキッドを使い続ける中で「悪い影響はないの?」ということを実体験を元にご紹介していこうと思います。

最後までお読みいただければ、安心して使い続けられるようになると思います。

宜しくお願い致します!

基本的に悪い影響を心配する必要はない

電子タバコのように喫煙するタイプなので、ニコチンやタールのように副作用や健康被害が心配・・・という方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

結論から申し上げますと、CBDリキッドは基本的に悪い影響はありません。

ニコチンはもちろん、タールも含まないので、痰が出たりしないのでとても使いやすいアイテムですよ!

とはいえ、稀にアレルギーを持っている方もいるようなので、心配な方はパッチテストをやってから使うと安心ですね。

(今までアレルギーだった、という人は、ツイッターやレビューサイトで見かけたことはありません)

飲用のCBDオイルでの注意点

完璧なサプリメントって逆に怪しいと思っちゃいますよね。

実際、経口摂取するCBDオイルに含まれる「ヘンプオイル」を摂取する場合は気をつけていただきたいことがあります。

飲むタイプはキャリアオイルとして、ヘンプオイルが使われていることがあります。2016年くらいに美容にこだわる女優さんが使っていることで軽くブームになりましたね。

ヘンプの「種」から採れる油なんですけど、気をつけておきたいことが2点あります。

  1. カルシウムの吸収を阻害する
  2. 自閉症を悪化させる

以上の2つが、研究でわかっているそうです。

ヘンプオイルではなく、オリーブオイルを使っている製品を選ぶと間違いないでしょう。

ファーマヘンプのCBDドロップはヘンプオイルではなく、オリーブオイルを使っている人気の商品です。

経口摂取すると作用時間が長くなるメリットがあるので、本気の方は併用されているそうですが、念のためデメリットも確認していただきたいと思います。

副作用まとめ・飲むオイルにヘンプオイルが使われていないか確認。

CBDリキッドを使うことで健康被害になったという話はありませんが、飲むCBD製品を使う場合は、キャリアオイルにヘンプオイルが使われていないか確かめておくと安心ですね。

とはいえ、のべつまくなしに喫煙しても吸収されない分は体外に排出されてしまうので、何事もそうですが、適量が一番ですよ^^

 

ドンキホーテより安心してCBDを買うならコチラから

 

CBDを美味しく吸うために!正しいアトマイザーの選び方

CBDリキッドを吸うためには、専用の電子タバコ・デバイス(Vape・ベイプ・MOD)が必要ですが、

  • RDAとクリアロマイザー、どちらを選んでおくべきなのか

迷ってしまいますよね。

RDAとクリアロ、どちらでも気化摂取できるっちゃできますが、良い点・悪い点がそれぞれあります。

  • 匂いやフレーバーをもっと楽しみたい
  • よくむせるので喉越しをよくしたい
  • CBDと相性の良いデバイスが欲しい

という方のために情報を詰め込みました。

せっかく買ってみたけど、全然楽しくないから・・・と途中でやめてしまっては、せっかくの機会を失ってしまいます。

私自身がかれこれ1年以上経験してきた上での情報なので、ご参考になるかと思います。

まずは各メーカーさんの推奨の吸い方についてご説明していきます。

ナチュール社に吸い方を聞いてみた:爆煙はダメ

クラシックなフレーバーを楽しめるナチュール社にアトマイザーについて質問してみると、爆煙タイプのベイプ・デバイス以外であれば問題ない、ということでした。

ベイパー(蒸気)でトリックしたりする場合は、低抵抗・高出力のデバイスが必要になりますが、CBDリキッドだと

高抵抗・低出力にすると、蒸気にしっかりCBDが「乗ってくれる」そうです。

よくわからないまま、Vapeのイメージで爆煙タイプのMODを選んでしまいそうになりますが、コンパクトで熱くなりすぎないデバイスを選ぶようにしましょう。

コイ社に聞いてみた:コイル代も安い「RDA」がオススメ

コアなファンが多いKoi(コイ)社にデバイスについて尋ねると、自作ビルドを楽しめる「RDA」がオススメ、というご回答。

アトマイザーをビルドするのは多少時間はかかりますが、CBDリキッドに合ったセッティング(設定)を楽しめるのが大きなメリットです。

初期費用はかかりますが、自作する分、消耗品であるコイル代が安上がりです。

また、人気のCBDワックスやCBDパウダーを載せて吸えるので、1台あればかなり使いまわせます。CBDを配合していないノーマルのリキッドも楽しめますしね。

初めての1本にぴったりなクリアロは、扱いやすいメリットはありますが、コイル交換にコストがかかってしまうのでね。

自作する手間を惜しまないという方は、RDAから初めてもイイのではないでしょうか。

アトマイザー・正しい吸い方まとめ:初心者はクリアロマイザー、手間を惜しまない方はRDAを選ぶべし!

Vapeデバイスの選び方ってメンドウなイメージがありますよね。

もし初めてなら、オールインワンのクリアロを選んでおけば手間がかからないし、別売りのコイルを買い足すだけでオッケーです。

私も基本的にクリアロです。

ポイントは「コイルの価格が高くない」、「液漏れの心配がない」デバイスを選ぶことです。

CBDリキッドにオススメなクリアロは名品「FOG1(フォグワン)」で間違いありません。

#初めての1本にぴったりのクリアロマイザー「FOG1」

#初めての1本にぴったりのクリアロマイザー「FOG1」

いっぽう、手間がかかっても構わない!という方は、コストがかからないRDAを選んでしまえば、その分CBDリキッドにお金をかけられますね。

温度管理できるのでフルスペクトラム系のリキッドとの相性もよく、吸い心地を格段にアップさせることができます

RDAデバイスであれば、とにかくiStick Picoあたりがイイでしょう。

#RDAデバイスの「ピコ」

#RDAデバイスの「ピコ」

それぞれ良し悪しはありますが、場面によって使い分けるのがベストかと。

例えば、外に遊びに行く時はAIO・クリアロ、家でじっくり楽しむならRDAといった具合に使い分けるのが最強の楽しみ方ですね。

とりあえず、プラスウィードで扱っているデバイスを選んでおけば間違いないのは言うまでもないって感じです。

定期コースであれば、5000円分のデバイスが無料でついてきます。

1瓶でどれくらい吸える?1ヶ月にかかるコストも計算

CBDリキッドって1瓶でだいたいどれくらい吸えるのか、事前に知っておきたいところです。人によって満足できる量は違ってきますが、目安として1瓶で10〜20日前後は持つ感じですね。1ヶ月で使える金額が決まっている方は、しっかり計算しておくと続けやすいです。

ということで、1日の摂取量から算出していこうと思います。

1瓶でどれくらいの日数?

ファーマヘンプの5%濃度=500mg/10mlで計算していきましょう。

輸入解禁当初から比べて、4割くらいはやすくなりましたが、まだまだ手を出しづらい・・・という方も多いと思います。1日の目安はだいたい20mg前後と言われているので、その計算だと25日は持つ計算になります。私の場合は、多くて50mgなので、10日間くらいで使い切る計算になりますね。

アトマイザーのタンクの目盛りで量を確認すると便利

スポイトになっていて、正確な量がわかりにくいので、お使いのVapeデバイスのタンクで計算するとわかりやすいと思います。人気のスターターキット「フォグワン」で算出してみましょう。

タンクを満タンにすると2mlで、CBD量は100mgになりますね。目盛りの半分で50mgなので、1日でタンクの半分使うと10日間くらいで使い切る計算になりますね。個人的には、毎日その量はキツイので、10〜25日間くらいで1瓶使い切ると思っていていいかと思います。

1ヶ月の価格は?

10日で使い切る感じだと、1ヶ月3瓶必要なので9.800円×3=29.400円。20日だと1瓶半なので14.700円になります。合わせてデバイスのコイル=1個300円程度なので、だいたい10.000円〜30.000円前後が1ヶ月分のコストになります。

高いと感じるかどうかは人それぞれだと思います。病院で処方される薬を減らすことができれば、その分をCBDリキッドに使えますしね。私も季節の変わり目に「喘息」で悩んでいましたが、今ではCBDリキッドだけで乗り越えることができています。

病院で処方される薬は、即効性はあるものの、根本から治ることはなく、むしろ量が増えてあとあと高くついたりします。

コストまとめ・サプリメントとしてはちょっと高いくらい。

1瓶でだいたい10〜20日前後、費用は10.000円〜30.000円程度、と考えておくといいかと思います。

少量で最大の効果を得るように使えば、もっとコストを抑えることはできると思います。

そもそも嗜好品としてではなく、サプリメントとして考えれば、法外な価格ではないと思っています^^

 

CBD製品のコストを抑えるならココ!送料無料・ポイント還元あり

CBDの摂取量について

1日でどれくらいの量を摂取すればイイのか、わかりにくいというか、曖昧というか・・・。というのも、メーカーによって推奨している量が違うので、これ!というものがありません。(薬事法の絡みもあって、幅を持たせる表記になっています)

とはいえ、だいたいでいいので知っておけば、自分にあった量を見つけやすいです。逆に少なすぎたら、期待するような体感が得られないこともあります。この記事では、メーカーによって違う摂取量を、わかりやすくまとめてみました。

1日あたり20mg以上を目安に!

体質によってお酒の量が違うように、CBDも適量は人それぞれ違います。断定的な表現はできませんが、おおよそ20mg前後を目安に摂取するといいとされています。個人的には最大50mgも吸えば満足できますし、200mg必要!という方もいたので、一概には言えません。なので、まずは20mgを目安に初めて、満足できなければ量を増やしていくと自分にあった量を見つけられると思います。

できれば毎日、どれくらい喫煙しているのか知っておくと、健康キープしやすいはずです。

過剰摂取は心配ない?

ここで気になるのが、最大どれくらいまで摂取していいの?ってことですが、1日最大1.280mg摂っても、悪い影響はないことが、知見を通して知られています。ちなみに4週間ぶっ続けでも大丈夫だそうです。1日500mgすら難しいので、基本的に過剰摂取の心配はないので、もし満足できない場合は思い切って量を増やしてみるのもアリだと思います。

私も1日に4ml=200mgを摂取したことがありますが、結構ふわふわになりました 笑。できれば運転したくないな、くらいの感じです。

もちろんその量を毎日吸え!と言われれば吸えますが、別に吸う必要もないでしょ!って感じでしたね。依存性は「ほとんど」ないと思います。

*まったく依存性がない、とは言い切れませんが、コーヒーやお酒、タバコなんかよりダントツで低いと思います。

摂取量まとめ・20mgから始めて徐々に増やしてもOK

1日20mgからスタートして、50、100mgくらいまで吸ってみて、自分にあった量を見つけると、足りなかったり、多すぎたりせず、毎日続けられると思います。

もし仮に吸い過ぎても、過剰摂取の心配はないので、そこは本当に安心して使えるサプリメントだな〜って思っています。できるだけ続けて、健康を維持できるように、プラスα、食生活の見直しもしておくといいと思いますよ^^

 

リアルなユーザーの摂取量を口コミで確認できるショップはコチラ

 

CBDの違法性について・基本的に大丈夫だけど、個人輸入は気をつけて!

アマゾンでCBD製品が発売されなくなって久しいですが、違法性について疑ってしまう方も多いかもしれません。結論からいうと、たとえドンキホーテであっても違法なCBDペンをつかまされることはないです。

日本の規制はとても厳しく、ほんのちょっとでも違法成分が混入していると税関を通過することができません。

*違法成分は酔ったような状態になる「テトラヒドロカンナビノール(THC)」という成分

ヘンプを抽出すると200種類以上もの「カンナビノイド」が含まれていますが、そのうちの1つであるテトラヒドロカンナビノールが規制された値より多く混入していると、日本で持っていると捕まって(!!!)しまいます。

また、原料の部位も重要です。

つまり、成熟した「茎」または「種」から抽出されたものでなければ、法律に抵触する可能性があります。

日本と、例えば欧米の法律が全然違うので、安易に個人輸入することは、管理人としてはおすすめしていません。

どんなCBDオイルが税関で止められるの?

CBDオイルを安く入手しようと思っても、取り扱っているところが少なくて、所望の価格で購入するのは難しい場合もあります。

そんな状況を打破するアイデアとして、日本より安く流通している国に行ったときに購入するというものがあります。

しかし、このアイデアには大きな落とし穴があるので注意しなければなりません。

それは、せっかく購入しても税関で止められる恐れがあるということです。

その背景にはCBDオイルの成分に関する深刻な問題があります。CBDオイルは厚生労働省に目を付けられており、向精神成分が入っていないか疑念を強く持たれているのです。

もちろんそのような成分を含んでいない商品はたくさんありますが、一部の商品に入っていたことが分かっており、海外からの持ち込みに神経を尖らせているというのが実情となっています。

そのため、税関におけるチェックが非常に厳格になっており、状況によっては没収されてしまう可能性も十分にあるということです。

しかし、はっきりとした基準は打ち出されていないので、止められるかどうかを専門家以外が判断するのは簡単ではありません。

参考として、対象となりやすいのは個人輸入品や非正規品だと覚えておきましょう。

日本の正規代理店が一番安心

海外のCBDオイルを手に入れたいのであれば、自分で何とかしようと考えるのは危険です。確実に購入したいなら、税関で止められるリスクが少ない方法を選ぶ必要があります。

そこでポイントになるのはこれまで輸入に成功している正規代理店を頼ることです。これまでに多くの実績重ねてきたところなら、個人輸入よりも無事に仕入れられる可能性はとても高いと考えられます。

心配であれば事前に問い合わせをして、迅速に対応してくれるところを選ぶと良いでしょう。なかなか反応がなかったり日本語がたどたどしかったりする場合は、外国人が非正規品を扱っているようなショップかもしれません。

また、もし税関で止められるような事態になっても、しっかりとフォローしてくれるところを選択することも大切です。

そのような意味では日本で有名な正規代理店を頼るのが最も安心できる方法といえます。

たとえば最近の人気の「プラスウィード」に注文をして商品が手元に届かないようなトラブルは聞いたことがありません。

安全性を重視する人にはうってつけの存在です。この2つのショップは、こちらに不明な点があれば些細なことでもきちんと説明してくれます。

 

違法性が心配な方はプラスウィード!詳細はコチラ

 

成分が明記されているCBDオイルを選ぶ

CBDオイルに関しては成分や健康面に関する議論が多くなされています。そのため、正しい情報を判断したり得たりすることが難しいと感じる人もいるでしょう。

その場合は厚生労働省の見解をチェックすると参考になります。この問題に関しては、酩酊につながる成分を含む商品が存在することを公表しています。もちろん、それは違法な成分なので健全に利用したのであれば手を出してはいけません。向精神成分に当てはまるものであり、素人どころか医療に従事する人であっても使うことは厳禁です。そう言われるとCBDオイルそのものが違法だと勘違いしていしまう人もいます。

決してそういうわけでなく、上記の成分が配合されているものだけが取り締まりの対象ということです。

したがって、購入するときは成分についてしっかりチェックしなければなりません。具体的には成分表に、THCという名前が書かれていたら違法である可能性が高いです。

アメリカでも扱われている人気のブランドでも対象のものがあるので注意してください。

また、パッケージのどこにもTHCという文字がないからといって安心するのは早いです。しっかりと成分が明記されているものしか購入の候補にしないようにしましょう。

厚生労働省の許可を得た信頼のできる日本の代理店でCBDオイルを選びましょう

上記のような事情があるので、CBD製品は慎重に購入しなければなりません。そう言われても、専門的な知識がなければ、本当に安全かどうかを判断するのは難しいでしょう。

その不安は、信頼性の高いメーカーや代理店を選択することで解消が可能です。たとえば、プラスウィードは安心して購入できるということで非常に評判が高いです。大きな特徴としてスタッフがCBDと真摯に向き合っていることが挙げられます。店舗に行けばCBD製品について分かりやすく教えてもらえるので、初心者にはこれ以上ないぐらい頼もしい存在です。

そう言われても、いろんな不要な製品までうまく買わされたりしないか不安な人もいるでしょう。

たしかに、そのなかに違法なものが含まれていれば大問題です。しかし、そのような押し売りは受けませんし、法に背くようなことをアドバイスされることもありません。

CBDの素晴らしさを多くの人に知ってもらいたいというのがスタッフの原動力になっています。

ただし、店舗に行くのであれば予約優先なので気を付けましょう。そのスタンスからは、CBDを求める一人ひとりにしっかり対応したいという考えがうかがえます。反対に、大量にさばいて営利を重視しているところは避けるのが無難です。

 

厚生労働省の許可が降りたCBD製品を取り扱うショップはコチラ

 

喫煙タイプと飲むタイプを併用して使ったほうが良いですよって話

CBDを利用する時には、正しい摂取方法を理解した上で適切な使用を心がけなければなりません。

種類別に見ると、CBDリキッド(喫煙用)は、水蒸気が出るために喫煙所を利用することになり、濃度は最高でも5%程度です。

水蒸気が喉を通る時には痛みが出ることもありますので、こちらだけを常用するのは避けた方が無難です。

味に関しては香料が含まれているために美味しいと感じることが多いようです。頻繁に利用するような人にとっては味はとても重要であり、好みに合わないと気持ち良く使えません。

それに対し、CBDオイル(飲むタイプ)は、摂取する場所を選びません。いつでもどこでも摂取することが可能ですので、利用しやすいタイプです。

濃度は12%~24%となっていて、それぞれに合わせて選べることもメリットです。

最初は濃度の低いものを試してみて、慣れていくうちに少しずつ高いものを取り入れるというやり方もできます。

CBDリキッド(喫煙タイプ)と飲むタイプのオイルは効果時間が違う

もっとも大きな差としてあげられるのは、効果時間の違いです。

CBDリキッド(喫煙用)はCBDの血中濃度がスピーディーに上昇しますので、低下するのも速いのですが、CBDオイル(飲むタイプ)はCBDの血中濃度は緩やかに上昇し、再び血中濃度が低下する速度も遅くなります

つまり、持続時間がCBDオイル(飲むタイプ)の方が長いということになります。

取り入れる上で持続時間を気にする人はとても多いので、まずはこの差を見ながら自分に合った活用法を模索することが大切です。

どちらか一方に決めてしまうのではなく、両方を上手く取り入れるのがお勧めの方法です。

味に関してはCBDリキッド(喫煙用)の方が良いのですから短期間しか持続されないような状況でも大丈夫な場合にはCBDリキッドを使い、長時間もたせたい時にはCBDオイル(飲むタイプ)を使うという方法をとると、利用しやすくなります。

含まれているものは同じですので、併用しても問題はありません。

よく併用するのがNGとされているのは薬や他のサプリメントなどであり、それらと併用する場合には必ずかかりつけの医師や薬剤師に相談する必要があります。

基本的に薬との飲み合わせは心配する必要はありませんが、CBDオイル(飲むタイプ)にシードオイルが含まれていると自閉症を悪化させることが知見を通して知られていますので、注意が必要です。

しかし、CBDリキッド(喫煙用)とCBDオイル(飲むタイプ)なら含まれている成分や作用が同じですので、その時々のシチュエーションによってどちらを使うのかを決めても問題ありません。

例えば、朝はベイプで一服して、外出先では煙の出ないCBDオイルをサクッと摂取して、帰宅後、お風呂上りにもう一服、みたいな使い方もイイでしょう。

併用することで、使いにくと思っていた部分が解消される可能性もあります。

 

経口用オイルは送料無料&ポイント付きのコチラ

 

CBDリキッドの副作用:悪い影響を感じたことはない!

根本から体質改善をアプローチすることができると人気のCBDリキッドを利用したいけど、副作用が心配でなかなか勇気が出ないという人は多いかもしれませんね。

この記事では、Vapeで喫煙するCBDリキッドの副作用についてご紹介していきます。

昔からの体質や、生活習慣病などで、自分の健康に対し悩みや関心を持っている人も多いですが、自分の体をよくするためにCBDを安心して使っていくためにも、悪い影響は知っておきたいところです。

基本的にCBD(カンナビジオール)は重大な状態の原因にはなりませんが、一部(飲むタイプのCBDオイル)については、注意しておきたい点があるので、合わせてご覧になってみてくださいね。

CBDには様々なタイプがありますが、CBDリキッドをはじめ、飲むタイプや結晶粉末になったタイプ、豊富な栄養素を配合したフルスペクトラム仕様などなど、基本的な効果は同じです。

世界保健機関のWHOでも安全であると発表されていますので、科学的にみても副作用の心配がないことが証明されていると言えますね。

CBD(カンナビジオール)を配合したVape用リキッドはサプリメントです。

できるだけ使いつづけて、じっくりと健康増進に向き合うためにも、オーガニックで安全なものを選んでおきたいですもんね〜

CBDリキッドに深刻な副作用はナシ!リラックス・スポーツをする人に

基本的にCBDリキッドには副作用はありません

飲むタイプのCBDオイルは注意が必要ですが、気化タイプのCBDリキッドは薬との飲み合わせなど気にする必要はありませんよ。

CBD(カンナビジオール)は世界保健機関のWHOでも、安全であると発表されているほどです。

カンナビジオール(CBD)事前審査報告書(日本語版)

以上の英語のレポートを簡単にまとめると

CBDが体内から抜けることで、逆にだるくなったり、疲れてしまうようなことはない!

そんな感じの内容です。

世界の標準となる機関が保証している以上に、信頼できる情報はありませんよね。

個人的な見解としては、副作用とは言えませんが、あえて挙げるとすれば眠い時にリキッドをのんだ場合には眠気が出てくることもあるかもしれません

眠くてどうしようもなくなるというレベルではなく、このまま目をつぶれば気持ちよさそうだという程度です。そのため運転する予定があるのであれば、運転前に眠くないかどうかを確認してから飲んだ方がよいでしょう。

CBD リキッドを吸いすぎると...でも大丈夫

そしてどのようなものでも使い過ぎはよくありませんけど、CBDリキッドを吸いすぎてしまった場合には、気分が悪くなる可能性があります。

植物性のオイルなので、一度飲みすぎたからといってその後ずっと具合が悪くなるようなことはありませんが、1日に吸収できる量が決まっています

過剰摂取したからといって効き目が良くなるというわけではないので、摂取量はしっかりと守るようにしましょう。摂取量を守ることで深刻なほど悪い影響を考える必要はありません。特に運転前には飲み過ぎないように注意しましょう。

そしてCBDリキッドには、補助成分として他にもオイルが配合されているタイプのものもあります。

例えばリラックス効果のあるハーブや、スポーツをする人に向けた成分などバリエーションが豊富であることが特徴です。これらの補助成分についてアレルギーを持っていないかどうかは事前にチェックしておきたいところ。自分で判断できないようであればアレルギー検査をお願いして、問題がないと判断してから飲めば安心ですね。

あとはやっぱりかかりつけの医者に相談して、いつも飲んでる薬との飲み合わせを聞いておくとベストですね。

このように副作用はないものの注意したいことはあるので、用法や用量には十分に注意するようにしましょう。

CBDリキッドはハイになったりキマったりしないので安心◎

CBDリキッドは便利で最近では普通のVapeショップまで取り扱いが増えてきましたね。解禁当初と比べて、想像以上に多くの人が使うようになってきた感があります。

そこで1つ心配な点として挙げられているのはハイになったりキマることがないかです。

特にワックス系は他のリキッドに比べると純度が高いので不安ですよね。

結論から言うと、国内のCBDリキッドを使用したとしてもそのような状態にはならないです。

濃度が高いものでももちろん大丈夫なので安心して使い続けられます。今まで利用してきた人の中の口コミも誰一人として症状は出ていませんし、私自身も6年以上使い続けていますが、逆に具合が悪くなったりしたことは一度もありません。

日本で売られている商品で精神作用を及ぼす成分が入っていたら違法になりますが、国内で購入&使用しても違法ではありません。100%安全・安心な商品です。

成分が心配と言う人が多いですが、ハイの状態をもたらすのはCBDではなく精神作用成分のTHC成分です。THC成分はCBDリキッドには含まれていません。

精神作用の成分が含まれていなければ一切問題がなく、いくら使っても法に抵触することはありません。

キマる症状がどんなのか分からない人のために簡単にお話しさせて頂くと、お酒を飲んだ時に酔ってしまうことがありますがその感覚に似ています。頭がフラフラで思考が追い付かなかったり頭の中が浮くような感じです。CBDオイルもリキッドもCBD全般の商品全てに精神作用成分が含まれていないため、このような症状は一切出ないので安心して下さい。

逆にCBDリキッドを使うことで酩酊成分を失くす効果があります。安全性に関しては一切心配しなくても大丈夫です。精神作用成分が入っていたら日本の税関を通過出来ません。

日本は特に税関は厳しいため見逃されて税関を通過してしまうことはまずないです。現に精神作用成分が含んだTHCは日本の税関を通れません。THCは国内では取り扱うのは禁止されています。

税関では徹底的に成分分析をして違法な成分が検出されなかったものだけを日本に輸入しています。大手で有名な所で購入したら偽物を買うことはないため客側は気にしなくても大丈夫です。

ただしあまり聞いたことなかったり人口コミや評価が悪い、あまりにも安い値段のサイトは正規品ではなく偽物の場合が考えられますので気を付けて下さい。

日本国内のサイトで買う場合は問題はないですが海外のサイトから直接個人で買う場合は危険です。

本物ならば絶対に精神作用成分は入っていません。

CBDリキッドを使ってみたいけれどハイになったりキマることがないか心配してた人は絶対に大丈夫なので使用してみて下さい。

違法なCBDリキッドをつかまされる前に知っておきたいこと

CBDリキッドのむせる原因喉への負担が少ない吸い方

CBDリキッドのむせる原因 イライラやストレス対策のためにCBDリキッドを購入したけれど、使い方がよく分からないせいで喉に負担をかけてしまい、むせる原因が分からず苦労している人も珍しくないです。

喉の痛みやむせにくい吸い方をご紹介していきます。

むせたとしても体内に成分は吸収されているので、CBDの硬化は十分にできるかもしれませんが、やはり苦しまずに吸引できた方が日常的に使いやすいと言えます。これからアトマイザーを初めて使用する人や、正しい使い方が分からないという人は、まずは吸いやすさを重視したセッティングのコツを覚えてください。

室温や気温に合わせて温度を設定するのが、むせないようにCBDリキッドを使用するコツで、室温が高い環境で22Wぐらいまで上げてしまうとリキッドの温度が一気に上がり、気化した大量の成分が喉に届いてしまいます。

アトマイザーの扱いに慣れている人であっても、大量の成分を一度に吸い込むと違和感でむせてしまいますから、ワット数の設定を間違えないように注意が必要です。

まずは20Wほどの設定で使用して、気化するまでの時間を調整する事をおすすめします。

RDAを使用する時も同じように注意をして、温度を調整しているだけで苦しさを感じずに成分を吸い込む事が可能です。サイズが小さくて持ち運びやすいからといって、温度を調整しにくいアトマイザーを選んでしまう人もいますが、扱いに慣れていないうちは機能性を重視して購入する製品を選ぶ事をおすすめします。

CBDリキッドは効果ない?

よくSNSやベイプショップで、「使ってみたけど効果ない、ってゆーか、むせて喉が痛い」という口コミを見かけます。

評判を検証してみると、どうやら「効果ない」という人は、途中でCBDの摂取を止めてしまっている場合が多いことに気がつきました。

濃厚な風味を楽しみたくてフルスペクトラムの製品を購入したけれど、むせるので使用するのを止めてしまった人も珍しくありません。

慣れないうちに濃度の高いものを選んでしまうと、少量を吸い込むだけでも喉の感覚の変化に驚いて、むせてしまう事もあるので注意が必要になります。

副作用と同じくらい、CBDベイパーにとってはシリアスな問題ですね。

*フルスペクトラムとは?

フルスペクトラムとは、原料となるヘンプを丸ごと使ったCBDリキッドのことを言う。CBDだけで作られたものより、健康増進につながりやすいが、吸い方を意識しないと喉の痛みに悩まされる。まずは温度調整できるVapeデバイス(iStick PICO)を選ぶこと、古いコイルを使わないことで、吸い心地がスムーズになる。

フルスペクトラムの製品であったとしても、少しずつ吸い込むように注意をすれば濃厚な風味を楽しむ事ができますし、慣れてくれば喉の感覚の違いに慣れてきて、快適に成分を吸引できるはずです。

「効かない」原因の1つは、CBDリキッドを途中でやめてしまうことですが、フルスペクトラム・リキッドの場合はVapeデバイスを変えることで吸い心地の悪さを解消できます

(効かない原因には「低濃度のCBDリキッドを使っていること」も挙げられます)

どうしても喉が痛くて続けられない場合は、飲むタイプのCBDオイルから♪

どのタイプのCBDリキッドを使用していても、むせてしまうので使用を止めようかと悩んでいる方々は、まずはCBDオイルから使用を始める事をおすすめします。

最近の人気は、US産のKoi スペクトラム。フレーバーを選べるのがポイント。

当サイトはCBDリキッド専門サイトですが、煙が苦手だからといってCBD自体を諦めるのはもったいないですからね!

オイルタイプの製品でCBDの香りや効能に慣れるうちに、リキッドタイプ製品を使っても、むせる事がなくなったと喜んでいる人も多いためです。

香りに不慣れな事が原因でむせている可能性を考えて、就寝前にCBDオイルを舌に垂らす習慣をつけるだけで、喉の違和感に悩まされずに、オーガニックなCBDを摂取できますよ。

まとめ:副作用はないけど、喉が痛くならない対策が必要

さてさて、CBDリキッドの副作用についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

WHOがCBD製品の安全性を発表したこともあって、副作用や悪い影響がないことが明らかになりました。

ただ、中にはCBDリキッドを使ってはいるけど、喉が痛くて使うのをやめようかなって方もいるかもしれません。

もしそのようなことで悩んでいるとしたら、まずはVapeデバイス(電子タバコ本体)の専門サイトで情報を集めてみると良いかと思います。

やっぱりプラスウィードの公式サイトのレビューが一番参考になりますよ。

良いところは、悪い口コミも隠すことなく公表していること。

私自身は悪い影響を感じたことはありませんが、口コミの中にはネガティブな回答もあるので、ユーザーとしてはかなり役立ちますよ。

Sakura社「スペクトラム・CBDカートリッジ」使い捨てが調子イイ

CBDリキッドを楽しむには色々なポイントが大事ですが、その中の1つに吸った時のキックの感じがあるでしょう。喉に程よい刺激が感じられるのが人気で、あまり強すぎると吸いにくくなってしまいますし、逆に弱すぎても物足りなさを感じてしまいます。

このキック感がちょうどいいカートリッジとして人気があり、売上も増加している製品が「Sakura スペクトラム」というCBDカートリッジです。吸い心地が良い製品で、適度なキックの感じがある事から満足感が高いという口コミも多数存在しています。

またテルペンという成分を使用しており、自然由来のフルーティーな風味が飽きのこない味わいとなっている点も見逃せません。ライムのような爽快感があって、まさにリラックス効果に繋がるようなフレーバーです。

心地よいキック感や吸いごたえですので、リフレッシュするにはもってこいの製品で、仕事の後などのひと時を充実した時間にしてくれるでしょう。ストレスの軽減や睡眠の質を良くする効果も期待できますので、体調の改善などにも使用されています。

成分表記もしっかりされていますので、キックの感じにこだわりたいという方は、この「Sakura スペクトラム」を選ぶ事をおすすめします。

使い捨てタイプはナチュールのCBDペンなどありますが、Sakuraはカートリッジ部分を買い換えるタイプで、電子タバコ本体(ベイプ)は繰り返し使えるので経済的で、とても使いやすい印象です。

通販は公式サイトがお得

CBDリキッドを購入するには、どこで買えば良いのか分からないという方もいらっしゃるかも知れません。そんな方におすすめしたいのが「プラスウィード」という通販ショップで、色々なメリットがある事が特徴です。

まずコスト面が優れており、会員登録をする事で購入時にショップ独自のポイントがもらえるという事がメリットです。

同じ商品でもポイントが付いてお得に購入できる方が良いですし、他の通販サイトであれば手数料などが発生する事もありますので、このショップがお得でしょう。

会員登録した方は、最大で20%割引で購入できる場合もありますので、自分の欲しい商品をチェックしてみるのも良いでしょう。

また購入金額が10000円以上であれば、送料無料となる嬉しいサービスも用意されています。

CBDリキッドと同時に、アトマイザーなどの周辺アクセサリなども組み合わせて、まとめ買いというのもお得な購入方法です。

スターターキットやテクニカルMODといった、幅広いVAPE製品が豊富に用意されています。

初めてCBDを使用してみたいという方から、上級者の方まで満足できるような品揃えで、リーズナブルに購入できるというショップになっています。

 

CBDがドンキホーテよりお得!送料無料はコチラ

 

CBD リキッドを格安で売ってる場所をこっそり教えます

cbd リキッドを格安で売ってる場所は,,,まずはVapemania

次世代型電子タバコは、若い世代に人気があるVapeデバイス専用のCBDリキッドを売ってる場所は数多くあります。その中でもVapemaniaは東京都内に計5店舗あり、実店舗に足を運べない場合はネット通販で購入することも可能です。

Vapemaniaの特徴は豊富な品数を取り扱っており、Vapeデバイス本体はもちろんのことCBD リキッドの有名ブランドも手に入れる事ができます。ニコチン入りからニコチン無しのフレーバーまで、その取り扱い数は100を越えており電子タバコを愛用されている方なら満足できる品揃えといえるでしょう。CBDリキッドはディスカウントストア等でも手軽に購入できるものになりましたが、Vapemaniaでは20%以上の高濃度ニコチンを配合した海外製のリキッドも購入できます。

これほどの高濃度リキッドを店舗で売っている場所は国内でも数が少なく、貴重な店舗です。これから始めて電子タバコを使用される方には、店内でお試し体験をすることも可能なのが愛好者に支持されているとこでもあります。2%濃度のものから軽いミントフレーバーのものなど、専門知識を有したスタッフが好みに応じた商品を選んでくれるのが良心的なところです。

格安で売ってる場所:CBDラボも人気

電子タバコ用のCBDリキッドは日本国内だけでなく、世界各国で生産販売されているのでインターネット通販を使えば多種多様なものを取り寄せて楽しむ事ができます。高品質で安全なものを求めたいという方に人気があるのが「CBDラボ」で、フランス製の高品質なCBDリキッドのみを専門に取り扱っているショップです。

実店舗はありませんが、運営会社は静岡県にあるので日本語で注文に応じて購入することが可能です。CBDラボで扱っている商品はリキッド濃度が2%と5%の2種類のみとなっており、用意されているフレーバーは15種類だけというのが特徴です。一見すると品揃えが悪いように感じますが、どの商品も厳選されたハイクオリティ製品になっており安全性の高さが保証されています。

また、リキッドタイプだけでなくクリームタイプも販売されているのでVepaデバイスを持っていない方でも、自宅にあるディフューザー等の機器で簡単に香りだけを楽しめるようになっているのがこのショップの魅力です。国内で数少ないCBD正規輸入代理店なので、各商品の保証もメーカー既定のものが有されています。安心安全な環境のリキッドを購入したいという方には打って付けのショップといえるでしょう。

あとはやっぱりプラスウィードがコスパもよくて人気です。

CBDリキッドならドンキホーテより専門店!詳細を見てみる

 

CBD リキッドの札幌で探してます?車がないと不便かも

Vapor9にあるけど....

VAPEを利用している人の間で、少し前から話題になっているのがCBD リキッド 。これを実際に試してみたいと思う人が、どんどん増えているようです。

それで札幌でこのリキッドを購入できないかなと思って、ちょっと調べてみました。

CBD リキッドの取扱をしている札幌の店舗を探してみると、見つかったのがVapor9という中央区にあるVAPE SHOPです。

この店舗がおすすめしているのがSakura CBD カートリッジ。CBDの濃度が50%という非常に濃いリキッドです。慣れてない人間が使用すると、むせることは確実でしょう。

他にもCBDを取り扱っているようですが、フェイスブックで確認すると人気があるようでよく売り切れになっています。

フェイスブックで再入荷の情報も流しているのですが、すぐにまた売り切れになっているようでCBDの人気を実感しますね。

こういうのを見ると札幌でCBDを購入するのは、ちょっと面倒だなと感じます。

実店舗だとお休みの日もあるので何時でも購入に行けるわけではないですし、そして完売していることも多いのでお店に行っても購入できない可能性がある。

店舗の近くに別の用事があって寄るとかなら、もし店が開いてなくても在庫がなくてもそんなにダメージはないです。

ですがこの店を目的に来たのに、購入できなかったというのは辛いです。

「プラスウィード」が最強!コスパ・安い・濃度も豊富!

フルスペクトラムも取り扱いあり CBD リキッドを購入するなら、実店舗よりも通販の方が良いのかなと個人的には感じています。

いつでも購入できますし、在庫も種類も豊富に揃っているからです。

CBD リキッドを通販できる店舗の中でも、特にプラスウィードが在庫も豊富ですし購入しやすい店舗です。

というのも会員登録をすると最大で20%引きになるので、CBD リキッドが安いんです。しかも購入すると金額に応じたポイントバックがあるので、ここで通販を利用すればするほどコスパも良くなっていきます。

あと取り扱っている種類が豊富なのも嬉しいポイントです。

例えばフルスペクトラム一つとっても、こんなに種類があるのと驚くくらいの商品が出てきます。

濃度にしてもむせるくらい濃いものから、吸いやすい濃度のものまで豊富に取り揃えています。

CBDを購入するのならプラスウィードが、本当に使いやすい店舗だと思いますね。

支払い方法に関してもクレジットカードや銀行振込は当たり前として、アマゾンペイや楽天payなども使えるが便利です。

CBDを取り扱っている店舗を探す前に、一度覗いてみてはどうでしょうか?探していた欲しかった商品が見つかるかもしれませんよ。

 

札幌のドンキホーテでCBDを探すよりコチラ

 

新宿で取り扱いのあるショップを洗ってみた

CBD リキッドは新宿で売ってる?パイプミュージアムにアリ

電子タバコを利用する人に、今人気が出ているのがCBD リキッド。

リラックス効果や様々な健康効果が期待できるとあって、その人気がここ最近高まっています。

電子タバコを利用してなかった人にも興味を持つ人が増えているので、一度は試してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ディスカウントショップのドンキでも購入できるとあって、手軽に入手できるようになっています。

ただこういったディスカウントショップでは気軽に購入できる反面、専門店ではないためしっかりとした商品説明を期待することができません。

取り扱っている種類も専門店に比べると、やはり弱く好みのものが見つからないということが多いです。そう考えると商品説明がしっかりとした専門店での購入がやはり安心できるでしょう。

新宿で購入するなら、パイプミュージアムというお店があります。1997年創業の電子タバコ専門店でCBD リキッドの取り扱いもあります。

ただ様々な電子タバコやリキッドを取り扱っていますが、オンラインショップを見る限りだとCBD リキッドの取り扱い数は少なく売り切れも多い印象を受けます。電子タバコを購入するには良いお店なのですが、この分野に関しては少し弱いかも知れません。

個人的なおすすめは「プラスウィード」!

送料無料・ポイントバック CBD リキッドを購入するなら、CBDに力を入れている店舗を利用するのが個人的にはおすすめですね。

商品説明もしっかりしていますし、何より取り扱っている種類が豊富なのがうれしいです。特に通販に力を入れている専門店なら、24時間常に購入できて便利ですよ。

例えばプラスウィードならしっかりとしたCBDに関する記事が掲載されていて、購入前に疑問に思うことの多くが解決します。他にも会員登録で安く購入できたり、購入するたびにポイントバックがあるのでお得に購入できるのが嬉しいですね。

一定金額以上の購入で送料無料になるのも、通販で利用する時には便利なサービスだと思います。

他にもCBD MANIAは購入者がレビューをすることでポイントバックを受けられるので、商品の評判を確認することができます。

他にもまとめ買いにより割引が受けられたり、定期購入でお得に購入できたりと通販しやすいお店になっています。

やはりCBD リキッドを購入するなら、プラスウィードやCBD MANIAのようなCBDに力を入れている店舗で購入するのが安心できますね。

豊富な商品から詳細な説明を確認して、自分の好みにあったものを選べるのがいいです。

 

CBDならドンキよりコチラがお得!!

 

池袋にわざわざ行くより、送料無料・ポイントバック有りのココ!

CBD リキッドは池袋で売ってる?【xXxTokyo GREEN&more CBD Vape LIQUID】

CBD リキッドを電子タバコで利用する人が、ここ数年増えています。

その利用者の感想を聞いてると、CBDを利用してみたくなってくる方も多いはず。

そういった人たちが増えている影響で電子タバコ専門店などで、CBDを取り扱う店舗は増えています。

東京だと池袋のxXxTokyo GREEN&more CBD Vape LIQUIDという店舗が、CBDを積極的に販売しているようです。

あとこの店舗はフリマサイトやオークションサイトなどにも商品を出品していて、そこで購入できるようになっています。

ここを見ればどういう商品を販売しているのか分かりますね。

見てみると売り切れがちょくちょくあって、やはりCBDが人気なのが分かります。

この店は楽天市場にも出店準備をしているそうなのですが、今の所フリマやオークションといった個人取引でよく使われる場所を利用して販売しているので、購入は少し不安になるかもしれません。

ですが評価を見る限り高評価ばかりなので、安心して取引できそうです。

池袋でCBD リキッドを購入するならxXxTokyo GREEN&more CBD Vape LIQUIDで購入できますし、ここは通販することもできるようです。もしこのお店に興味があるのなら、Twitterのアカウントもあるので見てみるといいかもしれません。

プラスウィードなら送料無料・ポイントバック付き!

CBD リキッドを購入するなら、上記の池袋のお店も良いかも知れません。

ですが個人的なおすすめはvapemaniaですね。この店舗では会員登録で最大で20%OFFになったり、5から10%のポイントバックがあったりで非常にお得に購入することができます。

他にも今人気のpharmahemp cbd リキッドの取り扱いもあり、会員だとかなりお得に購入ができます。

PharmaHempのPremium Blackシリーズは、CBD以外のカンナビノイドやテルペン類が含まれているフルスペクトラム製品。そのおかげで効果が非常に高いと評判になっています。

プラスウィードのページには、テルペンやフルスペクトラムといった用語の説明を解説しているブログ記事もあるのもいいですね。

購入するかどうかは置いておいて、非常に勉強になる内容なので一度見ておくのをおすすめします。あとRDAの取り扱いも非常にいろいろありますね。

ただ売り切れているものが多いです。やはり人気なんでしょうね。再入荷を期待したいところです。

CBDに興味があるのなら一度アクセスしてみると、色々とCBDについて学べていいです。そして商品の取り扱いも豊富でお得に購入できますよ。

 

ドンキホーテより専門店がお得!CBDはコチラから

 

CBD リキッドの店舗を千葉で探すより、vapemaniaがいいっすよ

CBD リキッドは千葉のAmerican Vapeでは売っていない

注目が集まるCBD リキッドですが、できれば自分の近い、便利な場所で購入したいですよね。

千葉なら大都市だし売っているだろうと期待できます。確かに多くの店で多くの種類をあつかうようになってきましたので、どこかに扱う店もありそうです。

ところが残念なことに、現在は千葉の店舗ではAmerican Vapeは取扱いがないのが現状です。

この先に登場する可能性はありますが、今のところは購入できませんので、いくら探し回っても見つけることはできません。

American Vapeなら確実と期待していた方には残念ですが、CBD リキッドは売っていないので別の方法を考えなくてはなりませんが、実はもっと魅力的な店があります。

少し遠くに足を伸ばせば、意外に取り扱っているところもあるのでちょっとだけ、遠くに足を伸ばすことで簡単に便利に手に入ります。

仕事のついでや買い物ついでに立ち寄れる便利な場所なら、特に不便は感じませんからおすすめです。

特に千葉に近い場所であればアクセスも良いですから、他の種類に妥協する必要はありません。

そこで周囲のCBD リキッドを扱っている店舗にも目を向けましょう。実は少し行動範囲を広げるだけで、確実でしかも値段もお得にゲットできます。

CBD リキッドは町田に売ってる?

CBD リキッドは町田のsource-9にある!けどラインナップが少ない

注目を集めつつあるCBD リキッドは、町田にある店舗でも販売中です。

リアルの店舗なら直接スタッフに話を聞きながら選べるので、初めての人は安心できると思うかもしれません。

そのため販売店まで直接行って、購入を考えている人も多いでしょう。しかし町田にある販売店は、CBD リキッドの種類が少なめです。
販売されている種類が少ないと、欲しいものを手に入れられない可能性があります。

また自分にピッタリのものを見つけるのも難しく、お気に入りを手に入れられないケースも考えられます。

確かに知識が豊富なスタッフに話を聞きながら選べるのはメリットですが、慣れている人ほど取り扱い吸うなどのデメリットが気になってしまうでしょう。

そもそも町田は東京の都心からは遠く、その他の地域からも交通アクセスは悪く行きにくいエリアです。

数時間かけて販売店まで直接行ったのに、お気に入りを見つけられなかったら無駄足になり時間も損をします。

欲しいCBD リキッドを確実に手に入れたいといったときには、販売している種類が少ないリアルな店舗での購入はおすすめできません。

確実に手に入れたいなら、種類が豊富なところでお買い物をするのが無駄がなくベストな方法です。

プラスウィードは豊富なラインナップ、実質の安さがウリ!

CBD リキッドを購入するなら、おすすめはプラスウィードです。

プラスウィードはCBD リキッドの販売に特化している店舗で、日本一の取り扱い数を誇るとされます。

リキッドだけではなくオイル・ペースト・パウダー・クリスタルと、さまざまな種類を取り扱っていながら厳選もしているので、良質なものだけを手に入れられます。

日本一の取り扱い数を誇る店舗なら、欲しい商品を確実に手に入れられるでしょう。

プラスウィードは上野に店舗があるので都心からは通いやすく、その他の地域からも交通アクセスは抜群です。

店舗ではスタッフがさまざまな相談に応じてくれ、予約をすれば試飲も可能となっています。

膨大な数の中から、スタッフのアドバイスに従いつつ試してから自分に適したものを選んで購入できるので、失敗してしまうことはありません。

また販売は店舗だけではなく通販も行っており、上野まで行けない地域にお住まいの方でも欲しかったCBD リキッドを手に入れられます。
通販で販売されている種類も日本一と言われるほど豊富なので、理想的なものを見つけることができるでしょう。

ポイントバックのシステムも優れていてお得なので、リキッドを探している人にはおすすめのお店です。

 

CBDリキッドの詳細はコチラから

 

京都で取り扱いのあるショップを探してみた

CBD リキッドは京都で手に入る??

リラックス効果や健康効果を期待して、ベイプでCBD リキッドを利用する人が増えています。

そして実際に使用した人の体験談やレビューを読んで、自分も使ってみたいと思う人も増えています。

取り扱いをしている店舗も増加傾向にあるようなので、以前より手軽に購入できるようになりました。

以前はamazonでも購入することができました。ですがCBDの取り扱いが全面禁止になってしまい、現在は購入することができなくなっています。

似たような商品の販売はあるのですが、CBDが欲しい人には、amazonでは物足りないかもしれません。

専門店での購入をしたほうが、好みの商品が見つかる可能性が高いです。

京都ならvape worxというベイプショップでも、CBD リキッドの取り扱いがあるようです。

ただオンラインショップを確認する限りだと、取り扱っている種類は少なく選択肢があまりない印象を受けました。

とは言え一度試してみたいという京都在住の方には、実物を確認するのに良いかも知れません。

店舗が京都河原町の近所にあるので、何かの用事でその辺りを行く時には良さそうですね。

通販での購入ならこういったお店を利用することなく、24時間好きな時に購入することができます。

「プラスウィード」が安い!コスパ、濃度で選ぶならここ!

CBD リキッドの購入するなら、東京のプラスウィードが使いやすいと思います。

会員登録での値引きやポイントバックがあるのでコスパが非常に良いお店になっています。

商品の取り扱い数も多いので、自分の好みにあった商品を選ぶことができます。

商品知識が豊富な店員さんがいるので、商品説明も詳細で分かりやすいです。

通販だとどういった感じの商品なのか実店舗に比べるとつかみにくい面があります。ですが詳しい説明があることでその問題点が軽減されます。

さらにLINEを使った個別チャットで店員さんに相談することもできるので、何を購入すればわからない時も安心できます。

商品の取扱数が多いので、自分の好みの濃度のものを選べるのもうれしいですね。

これだけの品揃えならば、自分の好みにあったものが必ず見つかるはずです。

そして通販で気になるのは送料なのですが、一定額以上のまとめ買いで送料無料になるので安心して購入することができます。

購入によるポイントバックや会員登録での割引で、安い価格で購入できるのもプラスウィードをオススメしたい理由の一つです。

色々説明しましたが、現在の所CBD リキッドを販売している最強の店舗ではないでしょうか。

 

電子タバコ用CBDならドンキよりここ!

 

効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます

どこよりも詳しくご紹介しています。↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

■ 効果をもっと詳しく!6年CBDを続けてます^^

ドンキホーテでは教えてくれない選び方まとめ

↓下の画像をクリック↓してくださいませ。

-ドンキホーテ
-, ,

Copyright© 最強!!!CBD リキッドの「失敗しようがない」選び方まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.