"/>

CBDFX リキッド!驚異のコスパ・6メーカーで断トツ【吸ってみた】

更新日:

美味しくてコスパの良いCBDリキッドが欲しい!けどドレを選んで良いのかわからない・・・

迷ったらとりあえず「CBDFX リキッド」にしておくと調子イイですよ〜。

CBD単一系なので吸い心地も良く、CBD1mgあたりの価格が12.5円と国内で手に入るリキッドの中でもコストパフォーマンスに優れた1本なんです。

実際に1日に約1㎖、CBD量にして約33㎎を吸ってみた感じもレビューしていこうと思います。この記事では

  • 中濃度、大容量のメリット
  • 他のリキッドとコスパを比較
  • 実際に吸ってみたリアルな感想
  • ユーザーさんの口コミ
  • おすすめのVapeショップ

などなど、じっくりご紹介していきます。

ってか、Koi に匹敵するヤツが現れるとは!って感じです^^

 

CBDリキッドは高い?CBDFX は1本あれば1ヶ月は持ちます

Twitterで「CBDリキッド」と検索すると、リアルな評判を簡単に知ることができるようになりました。そして多くの方が「値段が高くて手を出しにくい」というツイートをしている印象です。

ベストセラーのファーマヘンプ社のプレミアムブラックは 1㎎=19.6円(定価9.800円)ですから、とくに初めての方であれば躊躇してしまうかもしれません

国内では製造できないため、海外からの輸入が多いのである程度は仕方ないことなんですが、先日、欧米で絶大な人気を誇る CBDFX(シービーディー・エフエックス)が着弾したことで状況が一変しました。

美味しさはもちろん、コスパの良さから日本でも人気リキッドの1つになりそうな予感です。

以前までは Koi Vape Juice の12.8円が最安値でしたが、CBDFXは12.5円。割引率を考慮すると国内で手に入るCBDリキッドの中ではおそらくナンバーワンです。

価格の差は大きくありませんが、選択肢が増えたことはベイパーとしては嬉しい限りです。

また安いだけあって大容量なので、1本で1ヶ月は持たせることができます。

* CBDFX はCBDの中でも中間の「3.3%濃度」=1000㎎ / 30㎖

いきなり超高濃度のフルスペ系を買ってもアレだしね

有名な VapeショップでもCBDリキッドを取り扱うところが増えてきましたね。

ランキングやおすすめを見てみると、必ずと言っていいほどファーマ社のプレミアムブラックが紹介されています。プレミアムブラックはフルスペクトラム系リキッドなので、単一系のCBDFXとはまったく違う吸い心地、フレーバーになります。

フルスペ系は効果は抜群だけど、コストがかかる

吸い心地やコスパを期待してフルスペ系を選ぶと、期待とのちょっとした「ズレ」が気になってしまいます。

私の体験談で恐縮ですが、「今月はお財布が厳しいな〜。でもCBDはちゃんと摂っておきたい」ってときに、いきおい余ってフルスペ系を選んでしまったことがあります。

1日に1㎖を毎日使い続けて、たった10日で無くなってしまうハメに!!

1本の価格設定は同じくらいですが、フルスペ系は濃縮されているので容量は多くありません。

もちろん想像以上の恩恵を得ることができましたが、残りの20日間を我慢して過ごすことになってしまいました。

いきなり超高濃度のフルスペ系を買うより、中間の濃度で大容量のタイプを選んでおくと良いかと。使ってみて、方向性がわかってからコストをかけるのが正しいリキッド選びだと思います。

そういう意味でも、CBDFX を選ぶメリットは大きいですね。

6メーカーのCBDリキッドとコスパを比較!CBDFXがナンバーワン◎

国内のメーカーとコスパを比較するために「1㎎あたりの価格」を算出します。

算出方法は、CBDFXの 1000㎎ / 30㎖ で計算すると

価格 12.480円 ÷ CBD量 1000㎎ = 12.5円(1㎎あたりの価格)

になります。

メーカー 容量 価格 1㎎あたりの価格
CBDFX 1000㎎ / 30㎖ 12.480円
11.500円(割引後)
12.5円
11.5円
Koi(コイ) 1000㎎ / 30㎖ 12.800円 12.8円
NATUuR(ナチュール) 420㎎ / 10㎖ 7.580円 18円
AZTEC(アステカ) 1000㎎ / 10㎖ 14.800円 14.8円
Pharmahemp
(ファーマヘンプ)
500㎎ / 10㎖ 9.800円 19.6円
Vapenatura
(ベイプナチュラ)
500㎎ / 10㎖ 6.980円 13.9円

単一、フルスペクトラム関係なく、シンプルに「CBD量に対する価格」を比較してみました。CBDFXは6メーカーの中でも一番コストパフォーマンスに優れていることがわかりましたね。

CBDFX リキッドをレビュー|単一系だから吸いやすさ抜群!

コスパが良いのはわかったけど、吸い居心地がよくなければ続けられませんよね。

CBD単一系なのでヴェポライザーがオールインワンのスターターキットでも吸いやすいハズ。温度調整できるテクニカルMOD(RDAアトマイザー)は必要ないハズ。

というワケで、これさえあれば的なVapeデバイス「FOG1」で実際に吸ってみることにしました。今回は「ブルー・ラズベリー」、「ワイルド・ウォーターメロン」の2フレーバーをチョイス。

紫がラズベリー。容量は1000㎎ / 30㎖。濃度は3.3%です。

主成分は「99%ピュアCBD」になっています。フルスペクトラムとは違い、余計な成分は含まず純度を高めた「CBDだけ」のリキッドです。

補助成分は「PG(プロピレングリコール)」と「VG(植物性グリセリン)」です。

先端が細くなっていて、かなり使いやすい!太いスポイトだと手がプルプルすると補充する時にリキッドが漏れちゃうことがありますよね。じゃあ早速吸ってみます。

CBDFX Blue Raspberry (ブルーラズベリー味)1000MG (30ml)

まずはラズベリーから。

タンクに入れるのもラクラクです。

蓋を開けてニオイを嗅いでみるとかなり甘い!

もう「アメ」くらい甘い。試しに舐めてみるとコレまた甘い!

「あんまり甘いと吸いづらいかもな〜」と思いつつ一服すると・・・

かなりスッキリ!不思議!ニオイや味からは想像できないくらい軽い吸い心地です。

喉の抵抗感もほとんどなく、最高のベイパー(蒸気)を楽しめました◎

CBDFX Wild Watermelon (ワイルドウォーターメロン味) 1000MG (30ml)

次にウォーターメロン(スイカ)。

ラズベリーよりスッキリしたニオイ。

FOG1のタンクは2㎖入るので、半分で目標の1㎖(CBD33㎎)を摂取できます。

早速吸ってみると・・・

お〜ハッキリスイカの味がしますね〜。

程よい甘みでいつまでも吸ってしまいます 笑。

単一系ならではのクリアな吸い心地を堪能できました^^

CBDFX リキッドを1ヶ月使って感じた効果を5つ挙げてみた

原料を分離して純度を高めた「CBDクリスタル」がベースのリキッドですが、いくら吸いやすくても健康維持に効果がなければ意味がありませんよね。

ほぼ毎日使い続けてまるまる1本使いきってみた感じを5つご紹介します。

  • 週20時間のスノーボードのアフターケアに使えた
  • パソコンに向かい続けてしんどくなった時に助かった
  • 夜中に起きることが少なくなった
  • 喘息が出づらくなった
  • イライラしても「まぁイイか」と思えるようになった

私はほぼ毎日ゲレンデに出かけるので、アフターケアに使えるかどうかはかなり大事なポイントです。

使う前までは、次の朝、起きるのが辛くて辛くて・・・硬い斜面をガリガリに攻めた時なんかは「どうやって起き上がるんだっけ?」状態でしたが、スムーズに起きられてビックリでした。

総合格闘技の選手が健康維持にCBDを活用しているくらいなので、気のせいではないかと。

選手たちは「パフォーマンス維持に使える」とコメント。

参考サイト:総合格闘技協会(MMA)が公式のスポンサーに!

*選手=UFCのレジェンド、ネイト・ディアスをはじめ、ケイン・ベラスケス、バス・ルッテンら有名な総合格闘家

スポーツにはフルスペクトラム系より単一系の方があっていることもわかりました。カラダに軽くて、せき込むこともないので。

また、最後のイライラしても「まぁイイか」は、一旦リラックスして考えると「大したことないな」とか、「自分にも非があったな」とか、凝り固まった考え方に柔軟性が生まれる瞬間がありました。

考え方が変わるというよりは、リラックスした時間のサポートに使えますよ、って感じですかね。

一般的にはフルスペクトラム系の方が効果的というような意見もありますが、CBDFXでも変わらないくらい最高の恩恵を実感することができました^^

1日33㎎は十分すぎた

わかりやすいようにタンクの半分の33㎎を目安に続けてみましたが、十分すぎる量でした。

摂取量の目安はメーカーによってまちまちですが、だいたい20㎎から100㎎が推奨されている量です。

スノーボードで代謝が上がっているおかげもあって、33㎎で足りないことはなく、むしろちょっと残るくらいでした。「1ヶ月もてばイイかな」と思っていましたが、実際には余裕で1ヶ月以上持たせることができましたね。

ちなみに1日20㎎であれば50日間は持つ計算になるので、1本あればかなりの日数をもたせることができますよ。

ユーザーさんの口コミ・感想:満足度はかなり高い印象♪

CBDFX を実際に使っている方のリアルな評判を調べてみました。

口コミ①・33歳 男 評価

昼間に使っても眠くならない!

とりあえずひと通りCBDリキッドを試してきましたが、昼間に眠くならないし、成分が結晶化しないので湯煎する必要もなく扱いやすいです。

また量も多いのでかなりの煙の量を楽しめます。

✔︎管理人のひと口メモ

気温が低いとCBDが結晶化してしまいます。これはベイパーの宿命みたいなものですが、私もスキー場に持っていきますが、一度も結晶化したことないですね。-18°C でも大丈夫でした。またフルスペクトラム系ではなくCBD単一系なので、昼間でも眠くなりにくい感じも共感できますね〜。

口コミ②・30歳 男 評価

スイーツ・フルーツ系が好きな方におすすめです。

Koi より甘めで吸いやすく、コストパフォーマンスに優れているので、まずはコレを選んでおけば間違いないかと思います。

✔︎管理人のひと口メモ

確かに言われてみると Koi よりも甘めかもしれません。でもすっきりしているので、いつまでも吸えちゃいます 笑。このユーザー様の言う通り、迷ったらCBDFXを選んでおけば間違いないかと。

*著作権の問題もあって、意味は変えず文章を変えてご紹介しています。

7%オフ・送料無料・ポイントバック!Vapeショップを選ぶならココ!

CBDFXは発売間もないので、まだまだ扱いが少ないです。

まずはAmazonで検索してみましたが、ありませんでした。

楽天もありませんでした。

Yahoo! にはありましたが・・・

ちょっと待ってください!

出品者が「VapeMania」になっていますが、公式ホームページから買った方がダンゼンお得で、ヤフーでは11.800円ですが、VapeManiaさんの公式サイトから直接買うと11.500円で手に入れることができます。

また送料無料、800円分のポイントバックがつくので、実質10.700円になるのでかなりお得です。

「どうしてもヤフーで買わなきゃ!」って方以外は、VapeManiaさんの公式ホームページから買うと一番安上がりですよ。

CBDFX の総合評価:吸いやすさ・コスパ共に最強!

1㎖を30日間毎日吸い続けてみた評価をまとめていきます。

まずは、おすすめできない人はこんな人です。

  • コストがかかっても良いからフルスペクトラムがイイ
  • 甘い系が苦手、カンナビスフレーバーしか吸いたくない

こんな人にはおすすめできません。

コストが高くなってもフルスペクトラムが欲しい方はアステカ社やファーマヘンプ社を選ぶとイイかと思います。ただ、吸い心地にクセがあるので、CBDに慣れてからにした方がイイかも、です。

また、CBDFXはフルーツ・スイーツ系のフレーバーなので「甘いのはどうしても苦手・・・」という方もいるかもしれません。

カンナビスフレーバーのように、本来の味を楽しむタイプしか受け付けない玄人ベイパーにはおすすめできません。

逆に是非おすすめしたい人はこんな人です。

  • コスパが良くて1本で長持ちするのが欲しい
  • 吸いやすくて、美味しい、続けやすいリキッドを探している
  • 初めてのリキッドで失敗したくない

1㎎あたりの価格が他のメーカーよりお得なので、「コストを気にせず毎日使いたい!」という方や、「むせにくい・のど越しの良いリキッドが欲しい」って方は、CBDFX以上のものはありません

また初めての方がフルスペクトラム系を選んで失敗した・・・という話をよく聞くので、単一系のCBDFXを選んでおけば、失敗せずに済みます。というか、間違いないです。

コストを気にせず、美味しいフレーバーを毎日続けられる・・・。

そして気がついたら健康増進効果も実感できる、というイメージですね。

個人的には常にストックしておきたい1本です!

あと、忘れてましたが、薬剤師のお墨付きなので安心して使えますよ!

総合評価

 

-レビュー商品
-,

Copyright© 最強|CBD リキッド の「失敗のしようがない」選び方まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.