防災意識③|夜に備える〜あると安心・グッズ

電気の復旧が1週間かかるかもしれない。となると、夜は何も活動できないハズ。

明かりがなくてもできることに限られてくるので、暗くなる前に夜の準備をしておきましょう。

まずはランプ。キャンプ用に2種類ありました。LEDとガス。ガスは室内での使用はリスクがあるので、電池でつくLEDライトを準備します。天井や壁にアルミホイルを貼ると、明るさがアップします。

また、ペットボトルをうまいこと乗せると光が反射してライトのようになります。

そろそろ携帯の充電が終わります。普段はPHSを使っているので、一度充電しておけば数日は持ちます。

スマホの充電が減りやすい方は苦労されたのではないでしょうか。普段から蓄電池を持って、できればでかめの太陽パネルがあると長い停電にも耐えられるでしょう。

☑︎蓄電池と太陽パネルがあると便利!

スマホ用の小さいパネルもありますが、太陽光が少なくても集光できる熱効率のイイ、大きめのパネルが1つでもあると安心です。パネルを搭載したキャンピングカーであれば、今回の震災はほとんど影響されることなく生活できたことでしょう。

蓄電池があれば、スマホの充電はもちろん、テレビを見たりお湯を沸かしたりもできますね。電熱線のようなものがあれば、時間はかかりますがお風呂を沸かすことができます。

東日本大震災のとき、運良く電気で沸かしたお風呂に入ることができました。しんどい作業をした後で、生き返った記憶があります。

お風呂上がりのヨガを教えてもらったのもその頃ですが、血行をよくしておくと気分も違ってきますよ。

夜の準備をご紹介してきましたが、暗くなる前にできることはやっておきましょう。

ロウソクはできるだけ使わない方がいいです。特に余震が続く場合は、電池で動くLEDライトがあると便利ですよ。

お年寄りの家で、ロウソクを明かりにしていて火事になる・・・ってのは避けたいですから。

あとは、暗くなったらスグに寝ちゃうのもアリです。

電気がないと本当に何もできないんですね・・・。映画、ネット、テレビ、何も使えない。電気が「ある」ことのありがたさが身にしみました。

電気のない世界は、暗くなると何もできない。

逆に「ない」ことの良さも知りました。

今までに見たことないくらい星がキレイでした・・・。北海道でも都市化が進み、これほどキレイな星は田舎の森の中でも行かないと見れません。

散歩に出かける方もいました。少しでも楽しめるようにするのも大事だと思いますけど、無理のない範囲で、ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です