ファーマヘンプ製品を海外から個人輸入する手順

ヨーロッパ産・ファーマヘンプのCBD製品の人気がすごいことになってますね〜。

本社は海外なので、直接購入するとなると個人で輸入する必要があります。

公式サイトなので偽物やコピー商品をつかまされる心配もありませんが、英語なのでちょっと不安・・・って方のために、通販の手順を画像付きでご紹介していきます。

ファーマヘンプ・CBDリキッドを個人で輸入する手順

始めに海外の公式サイトに移動して下さい。

https://pharmahemp.store/

移動後、上にある「PRODUCTS」をクリックすると以下の画面に移ります。

今回はプレミアムブラック・CBDリキッドなので「E-LIQUID」をクリックします。

フレーバーを選ぶ

「PREMIUM BLACK CBD E-LIQUID3% | 10ml」を選ぶと下の画面になります。

次にフレーバーを11種類から選びます。

輸送方法を選ぶ

  1. ECONOMY: Recommended for Europe (3-21 days): 7.00 €
  2. EXPRESS DELIVERY (DHL): (1-3 working days + days at customs): 19.57 €

輸送方法は2つあって、1のエコノミーは7ユーロ(約910円)で3~21日で、2のエキスプレスは19.57ユーロ(約2.546円)で1~3日で到着します。

✅16.666円以上の購入で「関税」がかかるのでご注意くださいね!

個人情報を入力する

  • 氏名
  • 会社名
  • 住所
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市名
  • 電話番号
  • メールアドレス

使えるクレジットカードは?

カード会社(マスターカード・ビザ・アメリカンエキスプレスなど)を選択します。

最後に 「I have read and agree to the website terms and conditions(同意します)」にチェックを入れて「PLACE ORDER」をクリックすると、最後の確認画面に移ります。

クレジット情報を入力

最後の画面でクレジット情報を入力して、問題なければ「Submit」をクリックして通販完了です。

通販完了!

登録したメールアドレスにメールが届きます。1週間後くらいに「出荷したよ!」と確認メールが届きます。

面倒なら国内の代理店がラク!

海外のサイトであれば偽物の心配はありませんが、もし税関を通過できなかった場合は・・・おそらく商品が家に届くことはないでしょう・・・^^;

かなり厳しいチェックなので、検査基準が変わることも考えられます。

「それでもいいから海外のサイトから買いたい!」という方は、以下のリンクからどうぞ↓

https://pharmahemp.store/

ちょっとでもリスクを負いたくない!って方は、良心的な価格でスグに届く国内の代理店がおすすめです。

ってゆーか、海外のサイトだと人気の5%濃度の取り扱いがないみたいです。

私がいつも利用しているVapeManiaさんであれば、3%・5%ともに、全フレーバーが揃っていますし、送料も無料です。

定期的に最大20%オフのキャンペーンもやっているので、実質の価格でいえば国内最安値の店舗ですよ。

ということで、VapeManiaさんの入会方法を以下の記事でご紹介しています。

記事:

1瓶でどれくらいの日数?

CBDリキッドって1瓶でだいたいどれくらい吸えるのか、事前に知っておきたいところです。

人によって満足できる量は違ってきますが、目安として1瓶で10〜20日前後は持つ感じですね。

1ヶ月で使える金額が決まっている方は、しっかり計算しておくと続けやすいです。

ということで、1日の摂取量から算出していこうと思います。

1瓶でどれくらいの日数?

ファーマヘンプの5%濃度=500mg/10mlで計算していきましょう。

輸入解禁当初から比べて、4割くらいはやすくなりましたが、まだまだ手を出しづらい・・・という方も多いと思います。

1日の目安はだいたい20mg前後と言われているので、その計算だと25日は持つ計算になります。

私の場合は、多くて50mgなので、10日間くらいで使い切る計算になりますね。

アトマイザーのタンクの目盛りで量を確認すると便利

スポイトになっていて、正確な量がわかりにくいので、お使いのVapeデバイスのタンクで計算するとわかりやすいと思います。

人気のスターターキット「フォグワン」で算出してみましょう。

タンクを満タンにすると2mlで、CBD量は100mgになりますね。

目盛りの半分で50mgなので、1日でタンクの半分使うと10日間くらいで使い切る計算になりますね。

個人的には、毎日その量はキツイので、10〜25日間くらいで1瓶使い切ると思っていていいかと思います。

1ヶ月の価格は?

10日で使い切る感じだと、1ヶ月3瓶必要なので9.800円×3=29.400円。20日だと1瓶半なので14.700円になります。

合わせてデバイスのコイル=1個300円程度なので、だいたい10.000円〜30.000円前後が1ヶ月分のコストになります。

高いと感じるかどうかは人それぞれだと思います。

病院で処方される薬を減らすことができれば、その分をCBDリキッドに使えますしね。

私も季節の変わり目に「喘息」で悩んでいましたが、今ではCBDリキッドだけで乗り越えることができています。

病院で処方される薬は、即効性はあるものの、根本から治ることはなく、むしろ量が増えてあとあと高くついたりします。

まとめ

1瓶でだいたい10〜20日前後、費用は10.000円〜30.000円程度、と考えておくといいかと思います。

少量で最大の効果を得るように使えば、もっとコストを抑えることはできると思います。

そもそも嗜好品としてではなく、サプリメントとして考えれば、法外な価格ではないと思っています^^

摂取量の目安は?

1日でどれくらいの量を摂取すればイイのか、わかりにくいというか、曖昧というか・・・。

というのも、メーカーによって推奨している量が違うので、これ!というものがありません。

(薬事法の絡みもあって、幅を持たせる表記になっています)

とはいえ、だいたいでいいので知っておけば、自分にあった量を見つけやすいです。

逆に少なすぎたら、期待するような体感が得られないこともあります。

この記事では、メーカーによって違う摂取量を、わかりやすくまとめてみました。

1日あたり20mg以上を目安に!

体質によってお酒の量が違うように、CBDも適量は人それぞれ違います。

断定的な表現はできませんが、おおよそ20mg前後を目安に摂取するといいとされています。

個人的には最大50mgも吸えば満足できますし、200mg必要!という方もいたので、一概には言えません。なので、まずは20mgを目安に初めて、満足できなければ量を増やしていくと自分にあった量を見つけられると思います。

できれば毎日、どれくらい喫煙しているのか知っておくと、健康キープしやすいはずです。

過剰摂取は心配ない?

ここで気になるのが、最大どれくらいまで摂取していいの?ってことですが、1日最大1.280mg摂っても、悪い影響はないことが、知見を通して知られています。

ちなみに4週間ぶっ続けでも大丈夫だそうです。

1日500mgすら難しいので、基本的に過剰摂取の心配はないので、もし満足できない場合は思い切って量を増やしてみるのもアリだと思います。

私も1日に4ml=200mgを摂取したことがありますが、結構ふわふわになりました 笑。できれば運転したくないな、くらいの感じです。

もちろんその量を毎日吸え!と言われれば吸えますが、別に吸う必要もないでしょ!って感じでしたね。依存性は「ほとんど」ないと思います。

*まったく依存性がない、とは言い切れませんが、コーヒーやお酒、タバコなんかよりダントツで低いと思います。

まとめ

1日20mgからスタートして、50、100mgくらいまで吸ってみて、自分にあった量を見つけると、足りなかったり、多すぎたりせず、毎日続けられると思います。

もし仮に吸い過ぎても、過剰摂取の心配はないので、そこは本当に安心して使えるサプリメントだな〜って思っています。

できるだけ続けて、健康を維持できるように、プラスα、食生活の見直しもしておくといいと思いますよ^^

過剰摂取は大丈夫?

カプセルタイプのサプリメントと違って、CBDリキッドはちょっと量がわかりにくいかもしれませんね。

そこで気になるのが、過剰摂取=吸い過ぎによる健康被害です。

実際に研究でわかっている最大量を、実体験も交えてご紹介していきます。

できるだけ安心して使い続けたい!という方は続きを読んでいただけると幸いです。

過剰摂取の量

過剰な量ってどれくらいなのか、気になりますよね。

研究では、「1日1.280mgを4週間続けても、健康に悪い影響はなかった」と報告されています。

ってゆーか、1.280mgってハンパない量です。

ファーマヘンプの5%濃度が1瓶で500mgですから、1日で2瓶以上使い切る計算になります。

絶対吸えない!って量じゃないですけど、普通に考えてありえないでしょう。まず喉が持たないと思います。

つまり、普通に使う分であれば、過剰摂取を心配する必要はない、ってことです。「ついつい吸いすぎて2瓶開けちゃった」なんて、どんだけですか!って感じですね。

吸い過ぎた場合どうなる?

とはいえ、高濃度のCBDリキッドを吸いまくると、まれに気分が悪くなることがあります。

そんな時は、車に乗ったりしないで、水を飲んで寝てしまいましょう。

どうしても出かけなきゃならない、って時は1時間くらい待ってからにしましょう。

個人的な経験から、1〜2時間でフワフワ感は消えて、ちょっとだるいかな、くらいの状態に戻ります。

もし吸いすぎたとしても、焦らないでじっと横になっていれば何事もなく過ぎ去るのでご安心ください。

でもまぁ、気分が悪くなったことは・・・記憶している範囲ではないですけどね。お酒は飲みすぎるとグワングワンになりますが、そこまでではないです。タバコも吸いすぎるとマジで具合悪くなりますが、CBDリキッドは大丈夫ですよ。普通に使っていれば。

まとめ

この記事では、過剰摂取についてご紹介してきましたが、まとめると

  • 1日1.280mg吸っても大丈夫という研究結果がある
  • 基本的に悪い影響は心配する必要はない
  • 気分が悪くなったら横になって安静にしよう

ということでした。

ちなみに、適量は20mgを目安にして、ご自分の体質にあった量を見つけると、計画的に健康増大にアプローチできると言われています。

毎日20mgを25日間続けてみて、足りなければ量を増やしたりして見てくださいね!!

悪い影響が心配って方へ

CBDリキッドはサプリメントなので、イイ効果ばかりではないはず・・・と疑ってしまうかもしれませんね。ネットでは良い評判しか見かけませんしね。

この記事では、CBDリキッドを使い続ける中で「悪い影響はないの?」ということを実体験を元にご紹介していこうと思います。

最後までお読みいただければ、安心して使い続けられるようになると思います。

宜しくお願い致します!

基本的に悪い影響を心配する必要はない

電子タバコのように喫煙するタイプなので、ニコチンやタールのように副作用や健康被害が心配・・・という方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。

結論から申し上げますと、CBDリキッドは基本的に悪い影響はありません。

ニコチンはもちろん、タールも含まないので、痰が出たりしないのでとても使いやすいアイテムですよ!

とはいえ、稀にアレルギーを持っている方もいるようなので、心配な方はパッチテストをやってから使うと安心ですね。

(今までアレルギーだった、という人は、ツイッターやレビューサイトで見かけたことはありません)

飲用のCBDオイルでの注意点

完璧なサプリメントって逆に怪しいと思っちゃいますよね。

実際、経口摂取するCBDオイルに含まれる「ヘンプオイル」を摂取する場合は気をつけていただきたいことがあります。

ヘンプオイルの副作用

飲むタイプはキャリアオイルとして、ヘンプオイルが使われていることがあります。2016年くらいに美容にこだわる女優さんが使っていることで軽くブームになりましたね。

ヘンプの「種」から採れる油なんですけど、気をつけておきたいことが2点あります。

  1. カルシウムの吸収を阻害する
  2. 自閉症を悪化させる

以上の2つが、研究でわかっているそうです。

ヘンプオイルではなく、オリーブオイルを使っている製品を選ぶと間違いないでしょう。

ファーマヘンプのCBDドロップはヘンプオイルではなく、オリーブオイルを使っている人気の商品です。

経口摂取すると作用時間が長くなるメリットがあるので、本気の方は併用されているそうですが、念のためデメリットも確認していただきたいと思います。

まとめ

CBDリキッドを使うことで健康被害になったという話はありませんが、飲むCBD製品を使う場合は、キャリアオイルにヘンプオイルが使われていないか確かめておくと安心ですね。

とはいえ、のべつまくなしに喫煙しても吸収されない分は体外に排出されてしまうので、何事もそうですが、適量が一番ですよ^^

最近「CBDワックス」が気になってきた

CBDワックスってご存知ですか?初めて聞いたって方もいらっしゃるかもしれませんね。

CBDリキッドと同じか、それ以上に人気を集め出しているCBD製品で、超濃縮されたオイルのことを言います。

少ない量でいいので、喉への負担も抑えられますし、フルスペクトラムなので健康へのアプローチも期待できる製品になっています。

あと、コスパもすごくイイんですよ!

CBDリキッドでは満足できなかった、もっと濃いやつを試してみたい!という方は、続きを読んでいただけると幸いです。

CBDワックスとは?

CBD製品を試してみたけど、どうも満足できなかった・・・というレビューを見かけることがあります。

理由は様々ありますが、一番の解決方法として「高濃度を試してみる」ことをおすすめしています。

CBDワックスは濃度55%〜と、メディカルグレード並みの濃度で、さらに喫煙するので吸収率がよく、実感力に優れていると言われています。

満足できないからといって、すぐにやめてしまうのはもったいないと思います。

また、フルスペクトラムなので体感も最高に良くなっています。

*フルスペクトラム=原料を丸ごと絞ってあるので、CBDの他にもテルペンやフラボノイド、CBGなど有効成分を多く含むタイプのことを指します

私も試してみましたが、フレーバーの楽しさはリキッドの負けるものの、少ない量でがっつり行けました。

CBDリキッドで満足できない方におすすめ!

CBDリキッドは最高でも10%濃度なので、健康増進作用を実感できなかった・・・という方もいらっしゃるハズです。

もともと健康であれば仕方のないことかもしれませんが、単純に濃いやつであれば満足できる可能性が高まります。

途中で投げ出すのは、本当にもったいないです。

CBDはカラダの「恒常性」という、「生活のバランス」に関係している、世界中でも注目されている成分です。

欧米でも、訴訟問題になることなく人気が爆発しています。

(安全性が高い証拠でもありますね)

多くの方が、生活のバランスが整ってくるのを実感しているサプリメントなので、できるだけ長く続けることが大事です。

まとめ

CBDワックスとはそもそもなんなのかご紹介してきました。

CBDリキッドでは満足できない方や、喉への負担を減らしたい!って方にお使いいただきたい製品ですね。

しっかり続けて行くと、気がついたらバランスが整ってた!ってなれば、かなりイイですよ!

防災意識③|夜に備える〜あると安心・グッズ

電気の復旧が1週間かかるかもしれない。となると、夜は何も活動できないハズ。

明かりがなくてもできることに限られてくるので、暗くなる前に夜の準備をしておきましょう。

まずはランプ。キャンプ用に2種類ありました。LEDとガス。ガスは室内での使用はリスクがあるので、電池でつくLEDライトを準備します。天井や壁にアルミホイルを貼ると、明るさがアップします。

また、ペットボトルをうまいこと乗せると光が反射してライトのようになります。

そろそろ携帯の充電が終わります。普段はPHSを使っているので、一度充電しておけば数日は持ちます。

スマホの充電が減りやすい方は苦労されたのではないでしょうか。普段から蓄電池を持って、できればでかめの太陽パネルがあると長い停電にも耐えられるでしょう。

☑︎蓄電池と太陽パネルがあると便利!

スマホ用の小さいパネルもありますが、太陽光が少なくても集光できる熱効率のイイ、大きめのパネルが1つでもあると安心です。パネルを搭載したキャンピングカーであれば、今回の震災はほとんど影響されることなく生活できたことでしょう。

蓄電池があれば、スマホの充電はもちろん、テレビを見たりお湯を沸かしたりもできますね。電熱線のようなものがあれば、時間はかかりますがお風呂を沸かすことができます。

東日本大震災のとき、運良く電気で沸かしたお風呂に入ることができました。しんどい作業をした後で、生き返った記憶があります。

お風呂上がりのヨガを教えてもらったのもその頃ですが、血行をよくしておくと気分も違ってきますよ。

夜の準備をご紹介してきましたが、暗くなる前にできることはやっておきましょう。

ロウソクはできるだけ使わない方がいいです。特に余震が続く場合は、電池で動くLEDライトがあると便利ですよ。

お年寄りの家で、ロウソクを明かりにしていて火事になる・・・ってのは避けたいですから。

あとは、暗くなったらスグに寝ちゃうのもアリです。

電気がないと本当に何もできないんですね・・・。映画、ネット、テレビ、何も使えない。電気が「ある」ことのありがたさが身にしみました。

電気のない世界は、暗くなると何もできない。

逆に「ない」ことの良さも知りました。

今までに見たことないくらい星がキレイでした・・・。北海道でも都市化が進み、これほどキレイな星は田舎の森の中でも行かないと見れません。

散歩に出かける方もいました。少しでも楽しめるようにするのも大事だと思いますけど、無理のない範囲で、ですね。

 

防災意識②|震災1日目がスタート

さてさて、ラジオでじっくり状況を確認できるようになってきました。この間、できるだけスマホや携帯の充電をしておきましょう。電源を切ると早く充電できますし、節電モードにすれば電池が減りにくくなります。

起きた直後のやばい揺れの話は①からどうぞ↓

震災の備えに!緊急事態に備える「防災意識」①

火力発電所の完全復旧は1週間以上かかる見通し

この時点で「最悪、1週間可能性がある」と判断し、行動や考えの指針としました。

最悪に備える、最善を尽くす。震災後3日くらいまで、シビアに頑張りました。

また、道路が陥没したニュースも飛び込んできます。割と近所の道路が止まっているそうです。

ココで失敗したことは、すぐに外に出てしまったことです。じっくり家で作戦会議をして、不要であれば外出するべきではありませんでした。信号が止まっている上に、車の量多い!!

せめて信号が再開するまで、家を出るべきではありません。ご参考にされていただければ。

☑︎震災後、家でゆっくり食事するのがポイントですね!

そんな中、ご飯を食べると安心できました。まずは普段通りにご飯を食べるべきだと思いました。

電気だけでなく、ガス・水道が止まった方は食事どころではないかもしれませんが、できれば何か口にすると落ち着きますよ。

 

震災の備えに!緊急事態に備える「防災意識」①

北海道地震を経験した上で、どういった防災が必要なのか意識するようになりました。

実際に起こった日の行動を、時間ごとにおっていきます。良かった点、悪かった点をご参考にしていただければ幸いです。

午前3時:地震発生

落下するような縦揺れの後、ものすごい横揺れ。マンション9階の揺れはハンパじゃありません。

まず母親の安全を確認。震災後、電話が繋がらなくなることを知っていたので、数分で家族全員にメール。ちなみにPHSなのでラインではなくショートメールです。

☑︎電話回線がつながっているうちにスグに連絡!

母親の家に着いた後、まずは倒れた仏壇を直しました。下敷きになっていたら、完全にアウトでした。北海道は地震が少ないため、油断してタンスの下に寝ている方も少なくなかったと思います。

☑︎家具の下にゲルを挟む

家具の間に入れる「ゲル」を普段からしていたご近所さんは一切家具が倒れることはなかったそうです。

ゲルリンク

次は携帯の心配ですが、ソーラーパネルも持っていますが、車で充電する方法を選びました。

シガーソケット、ケーブルがを備えておきたいところです。

祖母の家には懐中電灯が1つあり、ラジオはありましたが、電池がありません^^;

単1の電池です。さて探しに行っても、ドコのコンビニも列になって並んでる・・・。普段から揃えておくとイイかもです。

充電式の電池をまとめで買っておく方法が便利かもしれません。

お隣さんに運良くラジオを借りることができ、単3の電池はたくさんあったので、祖母の家はなんとか大丈夫そうです。

電池が合わないとラジオが聴けない。こんな原始的なことで頭を抱えるとは思ってもいませんでした。

☑︎電池は買いだめしておくべし!

さぁ1日目、まだまだ長いのはこれからです・・・