30種類以上のCBD・リキッドを試してきた自称マイスター

ランキングを1位から見てみる

「CBD リキッド を喉越しの良さで選びたい!」と思っている方も多いかと思います。

また、「実感力重視で選びたい!」という方も多いかもしれません。

わたしは基本なまけ者で、RDAでアトマイザーを自作しなくてもいいスターターキット・AIOタイプのフォグ・ワンを使っています。

JustFog FOG1は最強のVapeデバイスだと思っていますが、出会うまではリキッド選びで失敗もありました。するとどうやらリキッドをしっかり選べばRDAデバイスも必要ないことがわかってきました。

「リキッドで変わるならできるだけ吸い心地のイイ、実感力があるのがイイ」

そこで30種類を超えるCBD製品を試してみると、「正しい選び方」がだんだんわかってきました。

できるだけシンプルに、必要なことを、わかりやすくまとめたサイトがあればと思い、
濃度や成分量など考慮すべきポイントを具体的にまとめてみました。

最後には店頭販売もあるオススメの人気ショップもあります。
詰め替え容器などの限定特典やポイントバック可ですから知っておいて損はないかと思います

実際にレビューして、正しい選び方や吸い方、激安サイトをご紹介していきます。
正しくてわかりにくいより、簡単でわかりやすい文章を心がけることがモットーです。

それではどうぞ気軽によろしくお願いします!

1. CBD成分で選ぶ

リキッドの種類は大きく2つに分けることができます。

まずは「フルスペクトラム配合」と「CBD単体」のどちらを選ぶのか
という基準でスタートした方がわかりやすいです。

2つは「喉の違和感」が違ってきます。
フルスペクトラム配合の方が多少ノドへ抵抗があると言われています。
(まぁわたしはそんな気にならなかったですけど。)

フルスペクトラムとは、CBDプラスαのアルファの部分で、テルペンやフラボノイド、CBGなどの総称です。主成分を助ける働きがあり、単体で摂るより体感が良いと言われています。

詳しい話はアレなので、量が多いか=フルスペ、少ない=単体を基準に選ぶと失敗せずに済みますよ〜

どうして喉への違和感が変わってくるの?

成分量が多いと、シンプルに濃くなるからです。CBD単体よりフルスペクトラムの方が濃いです。

単体リキッドは純度99%のパウダー・クリスタルが主成分なので、吸い心地は最強になります。

ただある時点を過ぎるとパワーを感じられなくなる現象「釣鐘反応」がデメリット

逆に最近のスタンダードはフルスペクトラムというタイプが主流です。
フルスペクトラムとは補助成分が多いもので、単体より体感がイイです。

また成分量が多いため吸い心地には少し工夫が必要になります。
最初からしっかりしたRDAデバイスもアリですから、ご検討されてはいかがでしょう。

ベイプデバイス

フルスペクトラムリキッドは喉に多少の抵抗は感じるけど、体感がいい。
補助成分が入っていないものはパワーは落ちてくるけど吸い心地がいい。

そんな感じで喉越しで選ぶならVapeNaturaかKoi VAPE JUICEあたりを選ぶといいでしょう。

2. 次は濃度をチェックしてみる

CBD濃度も吸いやすさに関係しています。
成分量ほど大きな違いはありませんが、濃度が高いほど重めな煙が出ます。

一般的な濃度は1〜6パーセントで、CBD量は1瓶で50〜1000mgになります。

今のところ最高濃度のリキッドはカンナプレッソやファーマヘンプで、フルスペクトラムタイプと比べても程よい成分量で吸い心地もグッド。

高濃度でしかも吸いやすいという点で最強リキッドですね。

3. 使っている電子タバコ・Vapeで選ぶ

V2 Cigs Electronic Cigarette

すでにRDAなどの電子タバコをお使いであれば、どのリキッドを使っても問題ありません。
調整できるのでスムーズな煙を楽しめます。

RDAデバイスの設定・抵抗値など

ちなみにセッティングは、

ワット数は25ワット程度

で、温度が上がりすぎないように好みの感じを探します。
電子タバコが熱すぎると成分が飛んでしまうので注意ですね。

RDAがあれば、とりあえずどんなCBD リキッド でもオールOK。大丈夫です。
いわゆる爆煙MODデバイスは必要ありませんし、味重視で温度設定可の本体で十分です。
I PICO はコイルを自作する手間がありますが、これ1つあれば細かいことは気にしなくて大丈夫。

ちなみに自作アトマイザーが面倒という方は、コイルとウィックが巻いてあるタイプもあります。

クリアロ・アトマイザー

オールインワンタイプ型の電子タバコ機器であれば、
吸い心地を重視するならフルスペクトラムではなく単体系リキッドを選ぶと失敗せずに済みますよ^^

Just Fog Fog1(フォグワン)は自作コイルの手間が省けて便利です。
味もしっかり出ます。エアーフローを思いっきり絞ってもフレーバーがしっかりして吸いやすい印象。
個人的にはコレだけあれば問題ないです。価格設定が抑えられていて初めやすいです。

4. 喉に優しい・実感力で選ぶCBDリキッドランキング

個人的に最高だと思うものをランキングでご紹介します。
吸いやすく・体感があったリキッドだけを集めてたので、ご参考にどうぞ。

1位 ナチュール CBD リキッド:吸い心地と実感力を両立

オランダ製のNATUuR(ナチュール)の420シリーズに「テルペン」を配合。吸い心地と健康増進効果が期待できるCBDリキッドの新作。テルペンはCBDとのシナジー効果が期待できる注目の成分で、リラックス感や睡眠維持効果も実感しやすくなっています。フルスペクトラム=プレミアムブラックはちょっと喉に抵抗がある・・・という方に使ってみて頂きたい一本です。ナチュールだからこそのスムーズな煙は2018年の本命です。

ナチュール CBD リキッドの公式サイトはコチラから

商品名 NATUuR CBD E-Liquid with TERPENES 420 10ml
濃度 4.2%
価格 9,380円
1㎎あたりの価格 22.33円
送料 無料
メイン成分 CBD, テルペン
吸い心地
健康増進効果

2位 ファーマヘンプ カンナビスフレーバー:実感力重視で選ぶ

実績・人気ともにナンバーワンのPharmeHemp CBD リキッド。クラシック確定のミドリ色ラベル。これからも売れ続けるでしょう。キック感は強めだが、フルスペクトラム仕様なので、CBDの他にもテルペンやフラボノイド、希少成分CBGなど豊富な成分量で、もっとも効率よく健康増進に挑戦できる一本。濃度も5%と高濃度なので、少ない量で実感できるため、喉への負担やコイルの消耗も抑えられます。ちょっとクセのある「本来の味」ですが、初めてで選んでも、失敗せずに済む「実感重視」のCBDリキッドです。

ファーマヘンプ プレミアムブラック CBD リキッドの公式店舗はコチラから

商品名 PharmaHemp E-LIQUID PREMIUM BLACK CANNABIS / プレミアムブラック カンナビス風味
濃度 3、5%
価格 9,800円
1㎎あたりの価格 19.6円 *価格は5%濃度のもの
送料 無料
メイン成分 CBD, テルペン, フラボノイド, CBG etc…
吸い心地
健康増進効果

3位 BLUE Koi CBD リキッド:吸い心地重視で選ぶフルーツフレーバー

ブルーラズベリー&ドラゴンフルーツ味で甘すぎないフレーバー。発売以来もっとも売れてきた人気の「ブルー」。入荷&完売を繰り返し、レビュー数もダントツです。テルペンなど他の成分を含まないCBD単体(クリスタル)なので、吸い心地はトップクラス。フレーバーも6種類あるので、甘くて吸い心地がイイCBDリキッドをお探しの方にオススメ。

BLUE Koi CBD リキッドの公式店舗はコチラから

商品名 BLUE Koi CBD
濃度 0.8、1.7、3.3%
価格 11.500円
1㎎あたりの価格 12.8円 *価格は3.3%濃度のもの
送料 無料
メイン成分 CBD単体
吸い心地
健康増進効果

5. 自作CBD|どんなリキッドを作る?

自作する方法は2つあります。

CBDパウダーを溶かすことで濃度を上げる
同じ系統のフレーバーのリキッドをミックス

パウダーで濃度を上げる方法

まず1つ目は湯煎で温める方法で最大70度まで上げて溶かします。加熱しすぎに注意して溶けきるまで混ぜてください。30分くらいが目安。

あとは高アルコールで溶かしてから混ぜる方法があります。スピリタスが一番いいです。ラム酒より純度が高い透明なアルコールで、混ぜてしばらくアルコール分を飛ばしてリキッドにミックス。

最後はシンプルに待つこと。これはフルスペクトラムが便利です。待って1時間くらいで完全に溶けきります。単体系リキッドであれば7時間くらい待たないとダメかもです。睡眠前に粉末を仕込んで次の朝には溶けきってます。入れすぎは注意。スピットバックの原因になります。気をつけて!

フレーバー・ミックスで自作

CBDリキッドを味が違うもの・同じ系統でミックスして自作する方法もあります。

まずは好きなフレーバーを見つけること、次に似たようなフレーバーのものを探すことがコツです。
わたしは普段ファーマヘンプのカンナビスフレーバーを愛用していますが、高濃度リキッドなので低濃度のカンナビス味とミックスしてます。ライトな煙になって良い感じですよ。

シンプルに新しいフレーバーを見つけるのもアリ、重たすぎる煙を軽くするのもアリです。

6. よくある質問を事前にチェック

プルームテックと同じ?

→同じ原理の電子タバコ本体ですが、ニコチンリキッドではありません。

ニコチンの他にもタールも含まないので安心して使うことができます。なんといってもサプリメントですからね!嗜好品としての側面もあると思いますが、「吸うサプリ」です。あとは吸うフルーツ、といった感じでしょうか。

安全性は大丈夫?

→税関の厳しい審査をクリアした100%安全なリキッドです。

酩酊成分などは最新の抽出法で除去されています。それでも心配な方は、通販購入する前にメーカーや代理店のサイトをみてください。そして成分分析の結果が明らかにされているか確認してください。

個人輸入は損?

→安くなる場合もあるみたいですが、わたしのようにできれば国内から欲しいって方は日本国内のショップで買うと間違いないでしょう。世界各国のCBDリキッドをポチるだけで注文できます。ある意味スゴイことですよね〜。

楽天・アマゾンで売ってる?

→楽天ショップに取り扱いはありましたが、AmazonにはCBD製品が一切置いてません。

楽天も実際計算してみると高くつく場合もあるので、しっかり計算することをおすすめします。割引やポイントで実質の価格が安いサイトを比較すると間違いないでしょう。

7. 店頭販売しているVapeショップを探す

東京都内では新宿から上野に移転したVapeMania(ベイプマニア)さんの店頭で販売していますよ。

渋谷ではZIPPY!でしょうか。秋葉原はまだわかりません。

他にも横浜、静岡、愛知、大阪、福岡など随時情報をアップしていきます。

最後に、「7つ」を踏まえた上でプッシュできる最強ショップをご紹介していきますね!

店頭・通販アリ!VapeManiaのススメ

限定特典やポイントバックなど会員メールを受け取ればかなりコストを抑えられます
価格そのものもポイントを差し引くと激安といってもイイでしょう。

激安価格はこちらから確認できます