"/>

ランキングを1位から見てみる

「CBD リキッド を喉越しの良さで選びたい!」と思っている方も多いかと思います。また「効かない」という評判もよく見かけます。

わたしは基本なまけ者で、RDAでアトマイザーを自作しなくてもいいスターターキット・AIOタイプのフォグ・ワンを使っています。JustFog FOG1は最強のVapeデバイスだと思っていますが、出会うまではリキッド選びで失敗もありました。するとどうやらリキッドをしっかり選べばRDAデバイスも必要ないことがわかってきました。

そこで吸い心地がスムーズなCBDリキッドをランキング、実感力重視で選んだランキングでまとめることにしました。

30種類を超えるCBD製品を試してみた上で、「正しい選び方」をご紹介していきます。

できるだけシンプルに、必要なことを、わかりやすくまとめたサイトがあればと思い、濃度や成分量など考慮すべきポイントを具体的にまとめてみました。最後にオススメの人気ショップもご紹介しています。詰め替え容器などの限定特典やポイントバック可ですから知っておいて損はないかと思います。

実際にレビューした上で、失敗しないための正しい選び方をご紹介していきます。正しくてわかりにくいより、簡単でわかりやすい文章を心がけることがモットーです。

それではどうぞ気軽によろしくお願いします!

*能書きはいいから!という方はコチラのランキングからどうぞ♪

記事の概要

CBD リキッド とは

メディカルサイエンス(医学)における研究が欧米を中心に進められていますね。2018年に入ってCBD(カンナビジオール)がサプリメントとして人気を博していて、いろんな効果・効能を証明されています。

そもそも CBD とは?原料のヘンプに入っている100種類を超えるカンナビノイドと呼ばれる栄養素のひとつで、様々な疾患に対する効果があると言われている「酩酊成分ではない」成分です。

日本では効果・効能を謳うことができないので、同じような表現になってしまいますが・・・。そこがサイト管理人の腕の見せ所でしょう 笑。

CBDは酩酊成分ではない

ヘンプの栄養素の4割以上がこのCBDで、精神に作用しないため国内においても違法ではありません。酩酊成分(テトラヒドロカンナビロール)のように精神を活性させたり、酩酊させる作用はなく、むしろ酩酊成分の効果を消し去ると言われています。つまり安全性が非常に高いということですね。この安全性の高さがメディカルサイエンス的にも注目されるワケなんですね。

もしかするとヘンプと聞くと「酩酊する」というイメージが浮かぶ方もいるかもしれませんが、それはテトラヒドロカンナビロールの作用なので国内では取り扱いが禁止されていますし、通販サイトで間違って購入してしまうことはありませんのでご心配なく。

まとめるとヘンプに含まれる栄養素は大きく分けて2つあって、このサイトでご紹介しているのは酩酊成分ではなく、もう一方の安全性の高い CBD の製品をご紹介しています。

違法性について

国内ではメディカル的には扱われていないのでサプリメントと同じ扱いになりますが、100%違法ではありません。産業用ヘンプの「茎」「種」から採られたエキスのみを使っているのでまったく問題ありません。先述した酩酊成分が混入していないか、第3機関で厳しいチェックを受けたものだけが税関を通ることができます。

個人で輸入する際は「成分分析表」が明らかになっているか必ず確認しておきましょう。聞いたことのないメーカーから輸入する際は特に。

現在、欧米では電子タバコ用のリキッド以外にも、経口摂取用オイルや医療用のカプセルやペースト、座薬まで販売されています。他にもお茶やコーヒー、ミルク、ウォーター、ハニーなどエディブル(食べる)製品もあるそうです。

研究が進められている対象の疾病

繰り返しになりますが、薬機法に抵触するような表現はできません。しかし日本以外での研究は盛んで、ポジティブな因果関係も見受けられます。

個人差や商品の特性も違うので効果が完全に証明されたワケではありませんが、ご参考までに研究が進められている疾病名をご紹介します。

  • ストレスを和らげる
  • 睡眠の質の向上
  • 精神分裂病
  • 気鬱症
  • アトピーによるかぶれ、湿疹
  • 神経性食欲不振(神経性無食欲症)
  • 引きつけ、痙攣、癇癪
  • 医薬品常用癖
  • アルコール中毒
  • 白内障
  • 緑内障
  • 舞踏病
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脳硬塞(脳血管発作、脳出血)
  • 心臓病
  • 肝臓系の疾病
  • 外傷性脳損傷(TBI)
  • 血圧向上
  • 細胞の腫れを鎮める
  • 便秘を軽減
  • 癌腫
  • 脳腫瘍
  • エイズ
  • 自己免疫性ぶどう膜炎
  • FM(全身に痛みが生じる病気)
  • 骨粗しょう症

CBDリキッドとCBDオイル(経口摂取)を比較

CBD リキッドは気化させたベイパー(煙)を吸引して使います。電子タバコ(ベイプ)に注入する液体で、PG(プロピレングリコール)とVG(植物性グリセリン)が混ざっています。

CBDオイルはそのまま口にたらしたり、ジュースに混ぜて飲んで使います。キャリアオイルにはオリーブオイル、ココナッツオイル、ヘンプオイルが使われます。個人的にはヘンプオイルが好きですが「エグミ強い」ので、オリーブオイルの方が人気がありますね。

効き方というか、効く「カラダの部位」は全然違うように感じます。

輸入が解禁された2013年頃はほとんどがオイルタイプでしたが、継続して続けるにはコストがかかりすぎたり、吸収されにくい、効果が現れるまでに時間がかかる、などのデメリットが多く、ポピュラーな存在ではありませんでした。

オイルを無理やりVapeデバイスに入れて喫煙することはできますが、まったく美味しくないです。(カラダに悪いという話もあるのでやめた方がイイです)

そして気化しやすいVape用のリキッドタイプが登場します。

ヴェポライザー本体の認知も高まり、美味しくて吸いやすいCBDリキッドの商品が次々と発表され始めます。その頃には価格帯も20〜30%程度安くなります。

何と言っても成分をベイピングした方が「ムダなく吸収」できるメリットがあり、少ない量でもCBD感をキャッチしやすいと言われています。

オイルを飲むより、ベイピングした方が取り入れられる量が5割もアップするので、コストを抑えることができます

また効果を感じ始める時間も気化させた方が早く、早くて数分でスタートして60〜120分間くらい持続します。

ちなみに飲む場合は感じ始めるまでに60分くらいかかります。(効果時間の長さは個人差はありますが180〜360分間くらいです)

気化摂取と経口摂取をうまく利用する方法

気化させた煙がどうしても苦手という方も少なからずいるかもしれませんね。また飲んだ時の味がマズくてダメという方も。

一長一短なので、使いやすさや好き嫌いで選ぶようにしてくださいね。このサイトではCBDリキッドを専門にご紹介していますが、気化摂取と経口摂取を合わせて使った方が健康増進につながりやすいという意見もあるみたいですよ。

ちなみにうまい利用方法は、リラクゼーション重視であれば体感を得やすいリキッドタイプ、じっくりカラダと向き合って行くならオイルタイプを選ぶとベストではないでしょうか。

ひとくちに就寝時のサポートに使いたい場合でも、なかなか眠れないのか、中途覚醒してしまうのか分かれますよね。なかなか眠れないのであれば、作用までの時間が短いCBDリキッド、夜中に起きてしまう方であれば効果時間が長いCBDオイルを試してみるのがイイでしょう。(グーグルで「CBDオイル」と検索してみてください)

CBD成分で選ぶ

リキッドの種類は大きく2つに分けることができます。

  • まずは「フルスペクトラム配合」と「CBD単体」のどちらを選ぶのか

という基準でスタートした方がわかりやすいです。

2つは「喉の違和感」が違ってきます。フルスペクトラム配合の方が多少ノドへ抵抗があると言われています。(まぁわたしはキック感強い方が好きなんですけど!)

フルスペクトラムとは、CBDプラスαのアルファの部分で、テルペンやフラボノイド、CBGなどの総称です。主成分を助ける働きがあり、単体で摂るより体感が良いと言われています。

詳しい話はアレなので、

  • 量が多い=フルスペクトラム(全成分)
  • 少ない=CBD単体、CBD+テルペン配合

を基準に選ぶと失敗せずに済みますよ。

どうして喉への違和感が変わってくるの?

成分量が多いと、シンプルに濃くなるからです。CBD単体よりフルスペクトラムの方が濃いです。単体リキッドは純度99%のパウダー・クリスタルが主成分なので、吸い心地は最強になります。ただある時点を過ぎるとパワーを感じられなくなる現象「釣鐘反応」がデメリット

逆に最近のスタンダードはフルスペクトラムというタイプが主流で、フルスペクトラムは補助成分が多いもので、単体より体感がイイです。また成分量が多いため吸い心地には少し工夫が必要になります。最初からしっかりしたRDAデバイスもアリですから、ご検討されてはいかがでしょう。

  • フルスペクトラムリキッドは喉に多少の抵抗は感じるけど、体感がいい。
  • 補助成分が入っていないものはパワーは落ちてくるけど吸い心地がいい。

そんな感じで選ぶといいでしょう。

次は濃度をチェックしてみる

CBD濃度も吸いやすさに関係しています。成分量ほど大きな違いはありませんが、濃度が高いほど重い煙が出ます。一般的な濃度は1〜6パーセントで、CBD量は1瓶で50〜1000mgになります。

使っている電子タバコ・Vapeで選ぶ

すでにRDAなどの電子タバコをお使いであれば、どのリキッドを使っても問題ありません。調整できるのでスムーズな煙を楽しめます。

RDAデバイスの設定・抵抗値など

ちなみにセッティングは、

ワット数は25ワット程度

で、温度が上がりすぎないように好みの感じを探します。電子タバコが熱すぎると成分が飛んでしまうので注意ですね。RDAがあれば、とりあえずどんなCBD リキッド でもオールOK。大丈夫です。いわゆる爆煙MODデバイスは必要ありませんし、味重視で温度設定可の本体で十分です。

I PICO はコイルを自作する手間がありますが、これ1つあれば細かいことは気にしなくて大丈夫。ちなみに自作アトマイザーが面倒という方は、コイルとウィックが巻いてあるタイプもあります。

クリアロ・アトマイザー

オールインワンタイプ型の電子タバコ機器であれば、吸い心地を重視するならフルスペクトラムではなく単体系リキッドを選ぶと失敗せずに済みますよ^^

Just Fog Fog1(フォグワン)は自作コイルの手間が省けて便利です。味もしっかり出ます。エアーフローを思いっきり絞ってもフレーバーがしっかりして吸いやすい印象。個人的にはコレだけあれば問題ないです。価格設定が抑えられていて初めやすいです。

喉に優しいCBDリキッドランキング

個人的に最高だと思うものをランキングでご紹介します。

まずは吸いやすいものだけを集めてたので、ご参考にどうぞ。

✅Vapeデバイスはクリアロ(スターターキット)でオッケーです。

1位 BLUE Koi CBD リキッド:吸い心地重視で選ぶフルーツフレーバー

ブルーラズベリー&ドラゴンフルーツ味で甘すぎないフレーバー。発売以来もっとも売れてきた人気の「ブルー」。入荷&完売を繰り返し、レビュー数もダントツです。テルペンなど他の成分を含まないCBD単体(クリスタル)なので、吸い心地はトップクラス。フレーバーも6種類あるので、甘くて吸い心地がイイCBDリキッドをお探しの方にオススメ。

BLUE Koi CBD リキッドの詳細はコチラから

商品名 BLUE Koi CBD
濃度 0.8、1.7、3.3%
価格 11.500円
1㎎あたりの価格 12.8円 *価格は3.3%濃度のもの
送料 無料
メイン成分 CBD単体
吸い心地
健康増進効果
レビュー記事BLUE Koi CBD Vape Juiceを1瓶使いきってみた効果

 

2位 ファーマヘンプ ヘンプフレーバー:テルペン配合のクラシック

輸入解禁当初から売れ続けているファーマヘンプ社のクラシック。ヘンプ=カンナビスで、原料本来の味を楽しめる一本です。青臭い系なのでちょっとクセのある味付けになっています。

ファーマヘンプ ヘンプフレーバー 5%の詳細はコチラから

商品名 PharmaHemp CBD500MG 10ml #hemp
濃度 5%
価格 7,950円
1㎎あたりの価格 15.9円
送料 無料
メイン成分 CBD単体+テルペン
吸い心地
健康増進効果

3位 ベイプナチュラ:添加物フリーの自然派

完全有機ヘンプをベースに甘味料やジアセチルまたはアルコールを含まない自然派の一本です。個人的にはカンナビスフレーバーが一番のお気に入り。

ベイプナチュラの詳細はコチラから

商品名 vape用CBDリキッド(CBDオイル) ジュスティーナ ベイプナチュラ社製
濃度 3、5%
価格 6,980円
1㎎あたりの価格 13.96円 *価格は5%濃度のもの
送料 有料
メイン成分 CBD単体+テルペン
吸い心地
健康増進効果

実感力で選ぶCBDリキッドランキング

実感力で定評のあるものを集めました。

✅できれば温度調整できるRDAタイプを揃えておくと吸いやすくなります。
(ワックスは専用のヴェポライザーを!)

1位 ファーマヘンプ・CBDジェルワックス:実感力重視で選ぶ


リキッドではありませんが、実感力とコスパの良さで発売以来爆発的な人気を誇る1本です。フルスペクトラムで55%濃度なので、ひと吸いあたりのパワーがハンパじゃありません。また1㎎あたり=14.54円と、CBD製品の中でも抜群に良いです。専用のヴェポライザーもコンパクトなので持ち運びもかなり便利になっています。

ファーマヘンプ・CBD ワックスの詳細はコチラから

商品名 PHEC 高濃度CBDジェルワックス 1g
濃度 33、55%
価格 6.980、8.640円
1㎎あたりの価格 14.54円 *価格は55%濃度のもの
送料 無料
メイン成分 CBD, テルペン, フラボノイド, CBG etc...
吸い心地
健康増進効果

*ヴェポライザーは「airis N°1」あたりがおすすめです。

関連記事最近「CBDワックス」が気になってきた

 

2位 ファーマヘンプ カンナビスフレーバー:実感力とフレーバーで選ぶ

実績・人気ともにナンバーワンのPharmeHemp CBD リキッド。クラシック確定のミドリ色ラベル。これからも売れ続けるでしょう。キック感は強めだが、フルスペクトラム仕様なので、CBDの他にもテルペンやフラボノイド、希少成分CBGなど豊富な成分量で、もっとも効率よく健康増進に挑戦できる一本。濃度も5%と高濃度なので、少ない量で実感できるため、喉への負担やコイルの消耗も抑えられます。

ちょっとクセのある「本来の味」ですが、初めてで選んでも、失敗せずに済む「実感重視」のCBDリキッドです。

ファーマヘンプ プレミアムブラックの詳細はコチラから

商品名 PharmaHemp E-LIQUID PREMIUM BLACK CANNABIS / プレミアムブラック カンナビス風味
濃度 3、5%
価格 9,800円
1㎎あたりの価格 19.6円 *価格は5%濃度のもの
送料 無料
メイン成分 CBD, テルペン, フラボノイド, CBG, CBDA, CBDV etc...
吸い心地
健康増進効果

3位 AZTEC(アステカ)CBD リキッド:国内最高濃度10%!

イギリスロンドン発のAZTEC(アステカ)は国内で通販できるリキッドの中で最高濃度の10%!1㎖中に1000㎎の成分が配合されています。もちろんフルスペクトラムなので、リラックス感や睡眠維持効果も実感しやすくなっています。少しずつ、1日の終わりのご褒美に、これまでリキッドを試してきたけど効果を感じられなかった、という方にぜひ試していただきたい1本です。

カンナビスフレーバーがベースで、7種類あります。濃度は5%と10%があります。

AZTEC(アステカ) CBD リキッドの詳細はコチラから

商品名 AZTEC (アステカ) E-LIQUID FULL SPECTRUM
濃度 5、10%
価格 9,800、14.800円
1㎎あたりの価格 14.8円 *価格は10%濃度のもの
送料 無料
メイン成分 CBD, テルペン, フラボノイド, CBG, CBDA, CBDV etc...
吸い心地
健康増進効果
レビュー記事AZTEC CBDリキッドの効果レビュー(OG Kush フレーバー)

 

吸い心地で選ぶ?それとも実感力?

CBDリキッドは単一系とフルスペクトラム系で微妙に違ってくるので、自分が何を重視するのかハッキリさせておくと、失敗せずに済みます。またどの製品も一長一短なので、自分のVapeデバイスに合ったものを選ぶことも重要になります。

喉への負担が少ない Koi CBD 1000㎎ は初心者にも

SNSでCBDリキッドを知ったけど、はじめて購入しようにも種類が多すぎてドレを選んでイイのか迷ってしまいますよね。喉への違和感が少なくてCBD感をキャッチできるものが欲しい。そんな方は Koi CBD 1000㎎(BLUE) を選んでおくといいでしょう。

BLUE Koi CBD Vape Juiceを1瓶使いきってみた効果!

単一系なので吸いやすく、1000㎎は3.3%と中間の濃度なのでフィーリングも感じやすいと思います。またコストパフォーマンスに優れているので、1日1㎖で約1ヶ月は持たせることができます。

販売サイトには吸いやすさの表記はありません。濃度だけで選んで吸ってみたら、むせるから続かなかった、なんてことがないようにまずは Koi を試してみてください。

*Vapeデバイスはクリアロ(スターターキット)でオッケーです。

とにかく実感力を重視して選ぶなら

CBDリキッドを健康のために使いたいとかリラクゼーションに使いたいという人もいると思います。

現在の状況を変えていきたいという場合は、ヘンプを丸ごと絞ったフルスペクトラムを選ぶのが理想的です。

ランキングでご紹介した3商品であればドレを選んでも間違いないと思いますが、口コミや売れ筋から見てファーマヘンプのジェルワックスをおすすめさせていただきます。

最近「CBDワックス」が気になってきた

リキッドとは一線を画す製品で55%濃度のフルスペクトラム。テルペンやCBG、CBDAなどの補助成分との相乗効果で健康意地をサポートすることができます。

今まで効果を感じられなかったという方は、諦める前に試していただきたいですね。

*ワックスは専用のヴェポライザー、リキッドは温度調整のできるRDAがあるとベストです。(クリアロでも十分楽しめます)

ナチュール(NATUuR)の「使い捨てペン」も人気があります

 

初めての方であれば「リキッドとVapeデバイスがセットになったヤツがあれば良いな〜」と思っているかもしれませんね。

そんな方はナチュール(NATUuR)社のCBDペンがおすすめです。使い捨てタイプなので、CBDリキッドがどんなものなのかとりあえず体験できます。

また濃度やフレーバーも豊富なので友達のプレゼントにも最適だと思います。

ラインナップは全9種類。フレーバーは人気の「メリージェーン」や「スカンク」、新作の「タンジェリン OG 」の3種類、濃度は2%と4.2%があります。

実感力で選ぶなら、CBDとの相乗効果が期待できる「with TERPENS」のテルペン配合がイイでしょう。

  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 #MaryJane CBD2%
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 420#MaryJane CBD4.2%
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 420#SKUNK CBD4.2%
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 420#MARYJANE #SKUNK CBD4.2% 2本セット
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 #SKUNK CBD2%
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 #MARYJANE #SKUNK CBD2% 2本セット
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 with TERPENES 420#MaryJane CBD4.2%
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 with TERPENES 420#TANGIE OG CBD4.2%
  • NATUuR Disposable PEN Ver.2 with TERPENES 420#MARYJANE #TANGIE OG CBD4.2% 2本セット

クリックポストであれば日付指定はできませんが、送料無料です。

ナチュール 使い捨てCBDペンの詳細はコチラから

自作CBD|どんなリキッドを作る?

自作する方法は2つあります。

  • CBDパウダーを溶かすことで濃度を上げる
  • 同じ系統のフレーバーのリキッドをミックス

パウダーで濃度を上げる方法

まず1つ目は湯煎で温める方法で最大70度まで上げて溶かします。加熱しすぎに注意して溶けきるまで混ぜてください。30分くらいが目安。

あとは高アルコールで溶かしてから混ぜる方法があります。スピリタスが一番いいです。ラム酒より純度が高い透明なアルコールで、混ぜてしばらくアルコール分を飛ばしてリキッドにミックス。

最後はシンプルに待つこと。これはフルスペクトラムが便利です。待って1時間くらいで完全に溶けきります。単体系リキッドであれば7時間くらい待たないとダメかもです。睡眠前に粉末を仕込んで次の朝には溶けきってます。入れすぎは注意。スピットバックの原因になります。気をつけて!

フレーバー・ミックスで自作

CBDリキッドを味が違うもの・同じ系統でミックスして自作する方法もあります。まずは好きなフレーバーを見つけること、次に似たようなフレーバーのものを探すことがコツです。わたしは普段ファーマヘンプのカンナビスフレーバーを愛用していますが、高濃度リキッドなので低濃度のカンナビス味とミックスしてます。ライトな煙になって良い感じですよ。シンプルに新しいフレーバーを見つけるのもアリ、重たすぎる煙を軽くするのもアリです。

Vape・ヴェポライザーの使用方法、吸い方

RDAデバイスのセッティング・設定

温度調整できるVapeデバイスのセットをまとめてみました。

コイルの抵抗値は1.0オーム程度に巻きましょう。1.5オームより上げてしまうとワッテージモードになるので気をつけましょう。

温度設定は2通りあります。

ワット数は15〜20ワット程度を目安に少しずつ上げていきましょう。

本体は爆煙MODは必要なく、「Eleaf iStick Pico」あたりが良いです。

Eleaf iStick Pico スターターキット 電池付きセット
8,500円(内税)

またRDAはワイヤーを巻くのが大変なんですが、「巻き済み」のワイヤーセットもあるので、「効率よく摂取したい」「喉越しを良くしたい」という方は、RDAアトマイザーのMODに挑戦してみてはいかがでしょうか。

VapeMania オリジナル「Yuge セッティング」セット
14,800円(内税)

正しい吸い方

CBDリキッドはニコチンタバコ以上に肺や喉への刺激(キック感)があって、初めての方はむせてしまうかもしれません。

また少しでも吸収率を上げて「CBD感」をキャッチするためにも、以下の4つの吸い方を意識するとイイでしょう。

  1. 5〜10秒くらい息を止める
  2. 瓶を振ってから
  3. 体調によってフィーリングが違うことを知る
  4. 諦めないで継続する

5〜10秒くらい息を止める

成分をできるだけ多く吸収させるためにも、スグに吐き出さず5〜10秒くらい肺で止めてから吐き出します。

大量の煙を吐き出すベイパーの動画に吸うのではなく、むしろ煙が出なくなるまで我慢します。

辛い方はむせるまで無理をしないで2〜3秒でもイイですよ。

瓶を振ってから

フルスペクトラム系のリキッドは成分が分離していることがあるので、しっかり振ってから使いましょう。

体調によってフィーリングが違うことを知る

体調の良し悪しでCBD感が違うことを知っておきましょう。

疲れている日はちょっとで満足できたり、逆に調子が良いときはほとんど何も感じられなかったりします。

諦めないで継続する

少なくとも1週間から1ヶ月間は続けてみることで、健康にどんな作用があるのか感じとってみましょう。

お酒やニコチンと違って、CBDなどのカンナビノイドは体内に蓄積されていくので、摂取量を減らすこともできます。

脳内のエンドカンナビノイドシステムに作用して、「恒常性」を維持してくれることが知見を通して知られています。

摂取量・回数

1日あたりの摂取量の目安は「20㎎から150㎎」です。

ベイピングの回数は、デバイスにもよりますが5〜20回くらいで目安量を摂取できます。

例えばFOG1であれば、タンク満タンで2㎖なのでCBD量は100㎎で、私は1〜2日おきに50㎎程度(タンク半分)を目安に摂取しています。

タンクを満タンにすれば2日間で吸いきる計算になります。

以上の摂取量は目安なので、効果ないなと感じたら思いきって量を増やしてみるとイイですよ。自分にあった量を見つけて、しっかり続けていきましょう。

CBDリキッドの効果

さまざまな効果が期待できると話題ですが、個人的な感想をまとめてみました。*効果を保証するものではありません。

睡眠の質が向上した

寝つきが良くなるというより、夜中に起きることが減りました。風呂上がりの布団に入る1時間前くらいにゆったり一服すると効果的な気がしています。眠りが浅いと2時くらいに目が覚めてたんですが、朝まで目を覚ますことが少なくなりました。あとなぜか朝は7:30に起きるようになりました 笑。

リラックスした時間を過ごせる

長時間パソコンの前に座っていると神経がピリピリしてきます。お風呂入ってもストレッチしてもなんか落ち着かない・・・ってときに一服すると、スルスルと頭の紐が解けるようにリラックスできます。一旦リラックスできると仕事のことも「別の視点」から見れるようになって、解決案が浮かんだりしますね。

お酒の量が減った

アルコール依存の再発予防に効果がある、という研究結果もあるくらいです。お酒の代わりにもなりますし、お供に使ってもイイ感じなので、明らかに量が減りました。お酒は適量は良いものかもしれませんが、量が増えると次の日が辛いので、新しい嗜好品的な感じで使ってます。

家に早く帰るようになった

仕事の付き合いはほどほどに、深酒もしなくなりましたね。家に帰って音楽聴きながらまったりした方が楽しいので。早く布団に入るようになったので、生活のリズムも整ってきました。

喘息が辛い日のサポート

2018年の秋は花粉症できつかったんですが、一度も薬に頼ることなく過ごせています。喘息の薬って即効性はあるんですけど、心臓に負担かかるしできるだけ使いたくないので助かってます。

*禁煙のサポートに使えた、という感想も

CBDそのものにタバコの量を減らす効果が期待されています。

ニコチン中毒におけるエンドカンナビノイド系の役割はますます認められている。禁煙を希望した喫煙者のカンナビジオール(CBD)の臨時使用の影響を評価するために試験を実施。 24人の喫煙者が1週間服用し、治療中に約40%喫煙したタバコの数を減少させた。

参考文献 カンナビジオールはタバコ喫煙者のタバコ消費を減少させる

注意点など

体質によっては睡眠への欲求が強くなる場合があるので、車の運転をする直前や最中に喫煙することは避けた方が無難です。お酒に適量があるのと同じで、必要十分な量を理解できるまでは自宅でじっくりベイピングを楽しむのがイイと思います。

また「依存性」や「耐性」が原因で摂取量が増え続けていく心配もありませんよ。ある程度取り入れると、それ以上吸っても効かないのでのべつまくなし吸うものではありませんから、安全性はとても高いと思います。

そんな感じでしょうか。

*繰り返しになりますが、効果を保証するものではありません。

CBDリキッドのデメリット・メリット

デメリットまとめ

ますはデメリットからまとめてみます。

  • 思ったように効かない
  • コストがかかりすぎる

まず価格設定に関しては・・・その通りだと思います。解禁当初から見ても良心的になりましたが、もっと多くの方に認知・体験してもらって安くなって欲しいと願っています。

また口コミやレビューをチェックしてみると「効果なし」という評価をしている人がたまにいますが、処方薬やアルコールと同じように体質に左右されることがあります。

そんな時は途中で諦めたりせず、まずは2週間〜3ヶ月程度は使い続けて見ていただければと思います。というのも、お酒は数日で完全に分解されますが、CBDは1ヶ月程度カラダの中に吸収させ続けると効果を実感しやすいと言われているからです。

メリットまとめ

かな〜り長くなってしまいましたが、冒頭からのメリットをまとめてみました。

  • 疾病に対するポジティブな因果関係
  • 睡眠のクオリティがアップ
  • リラックスした時間を過ごせる
  • 晩酌の機会・量が減った
  • 喘息が辛い時のサポートに使える

副作用が心配な処方薬と違い、オーガニック由来なので安心して使えることが一番のメリットではないでしょうか。

個人差はありますが、ユーザーの体験談や感想を見る限り8割以上の方が何かしらポジティブな効果を実感できているように見えます。

副作用や気になること

耐性・依存性

個人的に3年以上使い続けていますが、耐性がついたり、依存してしまうことはありません。

最近の研究で CBD はニコチンやアルコール、カフェインより離脱症状や切望間、耐性、依存性、陶酔性は低いことが明らかになっています。

吸いすぎによるリスク

吸いすぎても命に関わるような危険はありません。研究では1日に1.280㎎を毎日4週間続けても悪い影響はなかった、とされています。

稀に具合が悪くなることがあるので、運転前や体調が優れない時は気をつけた方が良さそうです。

お酒との飲み合わせ

CBDの反応は穏やかなのでお酒と一緒に使っても問題ありません。

私も週に2〜3回は夜に晩酌しますが、一緒に吸って気分が悪くなったことは一度もありません。

よくある質問を事前にチェック

プルームテックと同じ?

→同じ原理の電子タバコ本体ですが、ニコチンリキッドではありません。

ニコチンの他にもタールも含まないので安心して使うことができます。なんといってもサプリメントですからね!嗜好品としての側面もあると思いますが、「吸うサプリ」です。あとは吸うフルーツ、といった感じでしょうか。

安全性は大丈夫?

→税関の厳しい審査をクリアした100%安全・合法なリキッドです。

キマる・決まる(トリップ・ハイ)などの副作用の心配はありません。

日本では違法となる酩酊成分は最新の抽出法で除去されています。それでも心配な方は、通販購入する前にメーカーや代理店のサイトで成分分析が明らかにされているか確認してください。

個人輸入は?

→安くなる場合もあるみたいですが、わたしのようにできれば国内から欲しいって方は日本国内のショップで買うと間違いないでしょう。海外のCBDリキッドをポチるだけで注文できます。ある意味スゴイことですよね〜。

こんな人に胸をはってオススメしたい!

まだまだ世界的にも研究が始まったばかりですが、病院で処方される薬ではなく「オーガニックなサプリメント」に頼って行きたい!という方にオススメできます。

私も小学校から「喘息」に悩んでいましたが、病院が出す吸入器では根本的な改善にはならず、むしろ悪化して苦しんでいました。

もちろん、即効性はあるのでスグに症状を抑える必要がある方が無理にやめることはないと思いますが、健康を1から増進させて行く方法も選択・意識できるようになれば良いな、と思っています。なぜなら最大の不幸は自然との繋がりを忘れてしまうことだからです。

西洋的な医学の進歩による恩恵を否定する気はサラサラありませんが、それでは完治できないと言われる病気にどう向き合って行くべきなのか、考えるきっかけに、CBDリキッドを初めてみるのもイイかと思います。

国内のおすすめ Vapeショップ

東京都内では新宿から上野に移転したVapeMania(ベイプマニア)さんをおすすめさせていただきます。渋谷ではZIPPY!でしょうか。秋葉原はまだわかりません。他にも横浜、静岡、愛知、大阪、福岡など随時情報をアップしていきます。最後に、「7つ」を踏まえた上でプッシュできる最強ショップをご紹介していきますね!

評判も上々の「VapeMania / ベイプマニア」

限定特典やポイントバックなど会員メールを受け取ればかなりコストを抑えられます

最大20%分のポイントを考慮する差し引くと海外輸入と大差ありません。送料無料、詰め替え容器やワックス用スプーンなどの限定特典もあるのはココだけだと思います。還元キャンペーンも定期的にやっているので、簡単な会員登録を済ませておくとお得な会員メールが届くようになります。

かなりガチでおすすめですけど、安いものでもないですし今スグ体調をどうにかしたい!って方以外は購入する必要はないと思いますよ〜

【最大20%オフ!】CBDリキッドの詳細を見てみる(VapeMania)

 

もう一度ランキングを見てみる

 

更新日:

Copyright© 最強|CBD リキッド の「失敗のしようがない」選び方まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.